ブログ

1月23日(火) バンド組みたい。

大雪が降っても何も変わらずに、4枚目、5枚目、6枚目の事ばかり考えています。

最新ではこう思う。

④「タイトル未定」

宇宙は猫の中に
7月12日、13日
夜明け前
MOON PALACE
除雪車
雪包丁
丘の上の学校からどっかへ行っちゃった君へ
サマー
僕のレテパシーズのテーマ

⑤「タイトル未定」
イチゴさんへ
地下室の外は
たこ公園
ミツバチ
そして、トンキーは死んだ
佐藤君と伊藤君
まるで映画の終わりみたいな
長野県のお月様
東京の空で
猫との午前

⑥「アコースティック」所謂アコースティックな録音。
あのこ
いつも心だけはあの日陰で涼ませたまま
アズミ
廃墟
旅に出るなら
思わずブランキ―
夕立が降ってる
万年ほけつ
月形
ブルースマン

※補欠曲(ごめん!)

炭住の赤い屋根に
ナイーブなのさ
ハイロウズのリストバンド
ドントタッチミー
調布飛行場
コンタクト
同じ夜
夢と希望
リバーサイド
雪虫
君、蛍光灯 僕、白熱灯
君の実家
海の夢を見た朝
虹の中
ヨモギネコのチヨ君
ある日の帰り道
時の過ぎゆくまさにさ
ドングリ
僕は帰れない
二度目の夏の前に
そしてヒコーキが飛べば

※↑↓インマイライフ(入れたいけど無理か?)

※ ここからは新しいやつばかり中心で、10曲出来たら録音する。
古本
ロックンロールⅡ

なんにせよ、メンバー決めなきゃ!

↓昨年の「永遠に、たまに」録音メンバーでのラストライブ。

↓この映像送られて来て元気出た!法政大学の音楽サークルの映像。

俺も早く大声で歌いたい!
ミラクルがんばりまーす!

古宮大志

1月16日(火) 今後の僕のレテパシーズ

最近俺を心配した人達から沢山連絡が来ます。
解散を心配して連絡してくれる人も、存続を余裕で信じて連絡しない人も、レテパシーズや俺が終わらない事を望んでくれている気がして、嬉しい。
連絡くれて心配してくれた人!余裕で信じて連絡しない人!両方ありがとう!

「何もかも絶望して君が降りたバスは、何もかも絶望したまま変わらず行くのだ」そんな歌もありましたが、

まあ、相変わらずそーいう事なんですが、、、。

実はレテパは、アナーキーに、自分や自分の家族とかも関係なく、金や未来を気にせずに、借金なんて当たり前に良いスタジオ、良いライブ、良いCDが全て!と活動してきましたので、具体的には金が尽きて倒産なのですが、、。

こっからは、銀行強盗(誰もケガさせず、ポップに明るく)してもさ、残したいCDがあるか、だな。
そんな風に思いました。

12/9の「永遠に、たまに」のレコ発が終わり、今の自分の感覚になってから(17才位からだな)初めて、なんもライブ予定が無くなった。

やる事ないからさ、酒を飲み、テレビ見て、飽きたら近所の図書館で借りて来て本を読み、川端康成を全部読もう!と思い「伊豆の踊子」で泣き「温泉宿」で欲情して「禽獣」で気持ち悪くなったり。
まあ、悶々としてますね。

こんなんじゃ15才の頃のようで嫌だ。

16才の時にサッポロファクトリーでザ・ハイロウズの「ロブスター」ツアーで一曲目は「千年メダル」わー人間じゃないのに人間の形をしてる人がいるなんて!!!!と、初めて悪魔を見ましたよ。(超素敵!!!)
で、17才の時にサッポロファクトリーでザ・ハイロウズの「バームクーヘン」のツアーを見て、ロックンロールが俺をドラフト一位指名しましたが、なんと逆指名で、阿部薫率いるラッパ軍団に俺はアルトサックス片手に突入しましたので、学校も行かずひたすらにラッパを吹いてましたが、母が「この人カッコいいよ。」と高三の時に友部正人の「反復」を聞かせてきましたので、それから歌が出来るようになり、歌いだしました。(母のせいだ。混血だ。ジャズ、ロック、フォークの混血児だ。)

で、何が言いたいかと言うと。

今、超暇だから、以下の予定をたてた!

④「タイトル未定」
宇宙は猫の中に
7月12日、13日
夜明け前
MOON PALACE
除雪車
思わずブランキ―
いつも心だけはあの日陰で涼ませたまま
丘の上の学校からどっかへ行っちゃった君へ
サマー
僕のレテパシーズのテーマ
※メンバーによっては「旅に出るなら」「ブルースマン」「春」を差し替え。

⑤「ティーンエイジャーセレクション」※十代の歌オンリー。
ミツバチ
そして、トンキーは死んだ
ハイロウズのリストバンド
ドントタッチミー
雪包丁
たこ公園
地下室の外は
あのこ
夕立が降ってる
万年ほけつ
※「水平線」?

⑥「ブルースマン(タイトル仮)」※以下から10曲、所謂アコースティックな録音。
ブルースマン

炭住の赤い屋根に
廃墟
アズミ
調布飛行場
東京の空で
月形
まるで映画の終わりみたいな
コンタクト
猫との午前
旅に出るなら
同じ夜
夢と希望
リバーサイド
佐藤君と伊藤君
ナイーブなのさ
雪虫
君、蛍光灯 僕、白熱灯
君の実家
長野県のお月様
海の夢を見た朝
虹の中
リバーサイド
ヨモギネコのチヨ君
ある日の帰り道
時の過ぎゆくまさにさ
ドングリ
僕は帰れない
二度目の夏の前に
そしてヒコーキが飛べば

※↑↓インマイライフ(入れたいけど無理か?)

※ 7枚目は新しいやつばかり中心で、10曲出来たら録音する。
古本
ロックンロールⅡ

あ!レテパスタッフのソノダさんが俺も今は持ってない昔のCDの画像を、送ってくれた。
そうそう、この中からさ、残したい歌を選んでます。
こんなのさ、超ネクラだわ、あー!つまらない!早く大声で歌いたい。

image1

古宮大志

1月7日(日) 鈴木亜沙美、脱退

僕のレテパシーズから鈴木亜沙美が脱退する事になりました。

メンバーとしても一番長かったし、出会ったのも20才の頃だから、長い付き合いになりました。
今までありがとう。お疲れ様。

古宮大志

image1

12月22日(金) また、来年。

レコ発終わり、ずーっとボケーっとしてました。

マーブルでのレコ発ライブ。
セットリストはこんな感じ。

1.深海
2.夜に名前を
3.ホープちゃん
4.ラブソング
5.雨の日々
6.ていくいっといーじー
7.SFマンボ
8.君しかいない
9.17
10.札幌ナンバーの最後
11.空知
12.海へ行こうよ
13.ロックンロールじゃ踊れない
14.愛は風景
15.ハローグッバイファックユー
16.ロックンロール
17.ユーレイ
18.君の思い出
19.バスが来るまで
20.永遠に、たまに

アンコール
インマイライフ

でした。

今までの人生で一番良かったわ。ラッキー!

DQnL9fYVwAMGG69

この後は来週の俺のソロしか予定がない。
★&×ミー
スタンドバイミー
と読みます。

タイトルも気に入っていたし、会場のフェイスも家から1分だからバッチリだったんだけど、次回で俺は辞める事にしました。
じゅん君が一人で続けるかもとの事。
皆さんこれからもよろしくお願いします。

次回出てくれるツナオジェットボーイは初めて見た時から俺がずっとファンのまあ、本物のロックンローラーですね。
俺も張り切って歌おうと思います。
最後の機会にぜひ。

image1 (14)

終わったり始まったり。
とりあえず、今年もがんばりました。
今年は、変な一年だった。
来年は普通がいいな。
たとえクレイジーでも自分の手の中で動いていたい。

僕のレテパシーズの今後がどんな感じかは1/5にメンバーで話し合うのでそれまで寝てます。

また、来年。

古宮大志

12月8日(金) 「永遠に、たまに」通信追伸

前回で「永遠に、たまに」通信最終回でしたが、、、、追伸!

PS.わー!いーちゃんがレコ発前日にPVを作ってくれた!
えらい!とてもいいぞ!見てね!
見てさ、もし素敵だったら明日来てね!

PS.この真夜中の海は、浜松でライブした後、いーちゃんがどうしても「さわやか」っていうハンバーグのファミレスに行きたがり(今まで人生で食べたハンバーグの中で一番おいしかった!いーちゃんは二皿食べた。)その後、そのそばの中田島砂丘というのに、はなえもんと、いーちゃんが行きたがり、俺はその日あんまり良いライブが出来なかったから、早く帰りたい気もしていたが「さわやか」の裏の田んぼにハクビシンみたいな動物や、小さいカエルがたくさんいて少し元気になったので「アディーが行きたいって言ったら行こうか。」と言ったら珍しくアディーもノリノリだったので行きました。

CDのジャケットもこの砂丘。
はなえもんの写ルンです、でスタッフのソノダさんが撮影してくれました。

夏の思い出。
では、明日マーブルで!

古宮大志

12月7日(木) 「永遠に、たまに」通信最終回

今日はレコ発前の最後のスタジオ。(もちろん最近お気に入りのスタジオコヤーマ!)
昔、剣道部だった時とか、バスケ部だった時とか、吹奏楽部だった時とか、なんか大会前の最後の練習終わりの、あの感じ。
ああ、あの感じだったな、今日のスタジオは。

DQXQJUrU8AEEYGW

俺たちは完璧だよー!
来てねー!

scan-001

あ!話変わるが、
CDの盤面やら歌詞カードの中身やら、脱退した、はなえもんのデザインもあるんですよ。

K4010036

俺はせっかちなので、去年のセカンドアルバムのレコ発ライブが終わった瞬間から、次のサードアルバムの事で頭がいっぱいだった。

そして、この1年の間に、鍵盤のユキコトーキョーとギターのはなえもんが抜けてしまった。

でも、やっとここまで来た。
この一年結構疲れたな。
もうボロボロだ。
だけど、最近なんか世界がキレイに見える。
冬のせいだけではないと思う。
無色透明のこの感じ。
いいね。いいぞ。レッツゴー!

今度の土曜日で全てが決まってしまうような、そんな気がします。

じゃあね。
マーブルで会おう!

古宮大志

12月5日(火) 12/9のワンマン来てね。

12/9のレコ発まで「毎日ブログを書く!」とメンバーに断言してたのに、CDの発送作業が一段落したら、安心して3日位ダラダラしてしまった。

2日は俺は誕生日でしたが(ドラミちゃんとマリアカラスと一緒だ。)父母が東京に来ていて、父が「秩父の夜祭りに行きたい!」と言うので、一緒に行って誕生日を祝って貰いました。(レテパスタッフのソノダさん、絵描きの貝塚歩さん、歌手の五月リョウタさんもついてきてくれて祝ってくれた。)

image2
母が俺の背中にカイロを貼っています。

K4010021
この写真、先日も載せたが、30年位経っても、自分の表情があまり変わってない。永遠の少年だ、ラッキー!

まあ、そんな感じでダラダラしてましたが、昨日スタジオでようやくシャキッとした。

どんどん良くなっていきます。
ぜひ見てほしい。12/9のレコ発ワンマン。

scan-001

ではメンバー紹介。

image1 (16)

ギターは高野京介。
彼のギターの音は懐かしい音がします。

image1 (18)

ベースは飯田裕。
彼のベースは日によって音が違います。
元気があったり、なかったり。
これは良い事です。

image2 (6)

ドラムは鈴木亜沙美。
昨日スタジオでアディーがトイレに行ってる間に男3人で「あ!そーいえばアンコールとか忘れてたね。」という話になり「そーいえば、昔アディーが全然レテパに加入してくれなくて、嫌がらせに作った歌があるよ。」と言って歌ったら、二人とも気に入ったみたいでした。
「旅に出るなら」という超嫌がらせの歌は、歌詞のページで読めますので読んでみてね。

image1 (17)
ボーカルは古宮大志。
なんかこのバンド、モテそうだな。

というわけで!
高野君のお兄ちゃんが撮影してくれてた、先日の上野のライブ。
奥に見えるキャイ君のおかげで、より一層モテそうなバンドに見えています。

「虚飾ない言葉とメロディー」と解説されてるね。
先日新宿で手相を見てもらったら「あんたは右と左の手相が全く一緒だから裏表が無さ過ぎるのが、良いような悪いようなところだ。」と言われたから、そういう事です。

ありがとー!ラッキー!

では、明日はワンマン前ラストスタジオです。
がんばりまーす!

古宮大志

11月30日(木) 「永遠に、たまに」全曲解説「永遠に、たまに」編

というわけで、解説もあと1曲。
本日11/30日中に予約すると、特典付くから、欲しい人は今日中に。
特典はこの歌の歌詞だよ。1枚1枚書きまくりです。

K4010034

こういう梱包とか細かい作業苦手だが、がんばってやりましたので、雑でも許してね。
全然時間が間に合わなく「わー!一筆なんか手紙を書きたい!」とか思っても無理そうだったから、オールオアナッシングの精神に乗っ取り、どーせなら全員に何も書かないでおこう、と、メッセージとか書く暇全然ありませんでしたが、ありがとー!嬉しい!と喜んでますので、ご容赦を。

昨日CDが届いたから、今日第一弾を郵便局にサンタクロースみたいにゴミポリ袋に詰め込んで持って行ったが、結構異様な光景だった気もするが、近所の郵便局は顔見知りだから局員さんも笑ってました。

まあ、今日中予約で「永遠に、たまに」の歌詞が貰えるよ。
まあ、明日以降は歌詞は貰えないけどCDは自信作だから、ご予約お待ちしてます。

97dfd400903cd17f8167fe9fe3585db8

僕のレテパシーズ
3rdアルバム「永遠に、たまに」

1.深海
2.夜に名前を
3.ホープちゃん
4.ラブソング
5.雨の日々
6.ていくいっといーじー
7.君の思い出
8.ユーレイ
9.バスが来るまで
10.永遠に、たまに

ご予約は
http://yoruninamaeo.theshop.jp/
からどーぞ!

では、全曲解説ラストは「永遠に、たまに」

「永遠に、たまに」

いつでも何かを忘れてるような
大切な誰かを置いてきたような
でも 永遠に、たまに

流れ星 最後に光ってるような
三回も願わずに 一回でいいよ
ただ 永遠に、たまに

雨水で出来てた 透明な海も
少しだけ過ごした 透明な君も
ほら 永遠に、たまに

 

 
去年の終わりくらいかな?なんかフラフラと「永遠に、たまに」って気分で生きてました。
で、いつかそういうタイトルの歌が出来たら、もうどうなったっていいな、と思ってたら、今年になっていきなり出来た。
(あの頃の俺を支えてくれた人にありがとうと言いたいわ。)

きっかけとしては、18年前に宮古島を一人で旅してた時に(高3かな?)会った、まさし君という年下の友人から、今年いきなり18年振りに電話がかかって来て「にーにーなんで会いに来ないんだよー!ずっと待ってるんだぞー!」とまるであれから全く1秒も時間が経っていないかのようなノリで文句を言われ、感動したら、この歌が出来た。

で、アルバムのタイトルもこれにした。
アルバムの最後10曲目に入ってます。

古宮大志

11月29日(水) 「永遠に、たまに」全曲解説「バスが来るまで」編

さっきCDが届いた!Tシャツも届いた!
届く前にごちゃごちゃのクローゼットの中を整理すれば、1st、2ndの在庫と共に全部収納出来る予定でしたが、全然整理しなかったので、さっそく猫が大喜びで乗っかってます。

K4010029

K4010030

明日中に予約すると特典付くから、どーせいつか買う人は明日までに予約すると良いでしょう!

それでは「バスが来るまで」解説。

この歌は2008~2010年位の歌かな?
なんかこの歌が出来た時「海へ行こうよ」「夜明け前」も同時に出来て「わー豊作!ラッキー!」という感じだった気がする。
このパターンみたいになんかどんどん出来ていく時もあるし、平気で1年くらい出来ない時もある。
自分から作ろうとは決してしないが、たまーに何かいきなり歌詞とメロディーが同時にやって来るから(まあ歌ですね。)そんな時はちゃんと書き留めて「よーこそ!よろしく!」という感じです。

これは、俺が岩見沢市の緑陵高校という高校に通っていた時の事を思い出して出来た歌ですね。
この学校は丘の上にあり、その横に教育大学というのがあって、本当はダメみたいでしたが裏の森を抜けると大学の敷地に入り、バス停への近道でした。

高校生の頃出来た「夕立が降ってる」という歌と、この「バスが来るまで」という歌は同じエリアでの出来事です。
両方なんか妙に好きな歌です。

「バスが来るまで」

1時間に1本しか来ない バス停を目指し
君と二人で大学の近道を急ぐ

夏になったよな 昨日あたりから 水銀灯に
群がるでかい夏の虫と 恐がる君と僕と

坂の上 バス停が見える 夕日が残ってる
バスは行ってしまったね 夜がやって来た

僕らは僕らの住んでいる 街に背を向けて
次のバスが来るまでは ここで暮らそうよ

カメラ屋の広告がついている バス停のベンチの
缶詰の灰皿が揺れて 高い音を鳴らす

夏の風だよな 昨日あたりから 女子高生の
夏服の短いスカートに喜ぶ君と僕と

まだ来ない バス停の上で 星が増えている
バスが行ってしまったら どこかへ行けました

僕らは僕らの持っている 全てに背を向けて
次のバスが来るまでは ここで暮らそうよ

まだ来ない バス停で僕ら 別に話さずに
バスが行ってしまったら どこかへ行けました

僕らは僕らの住んでいる 街に背を向けて
次のバスが来るまでは ここで暮らそうよ

僕らは僕らを待っている 全てに背を向けて
次のバスが来るまでは ここで暮らそうよ

バスが来るまでは ここで暮らそうよ

 

 
という感じで、特典欲しい人は明日中に予約してね!

明日はラスト!
10曲目は「永遠に、たまに」の解説!

古宮大志

11月28日(火) 「永遠に、たまに」全曲解説「ユーレイ」編

今日はスタジオ。
高円寺のスタジオコヤーマ、始めて入ったが完璧に大好きだった。
これからは基本的にコヤーマにしよう。

image1 (14)

なんかまあ当然だが良いバンドになってきた。
まあ、当然だが、嬉しい。超最高。12/9は20曲やる。

というわけで。

全曲解説あと3曲!
今回は「ユーレイ」
これは多分2006~2009年くらいに出来た歌のはず。
出来た時はもちろんレテパなんか組んでいなく、ソロで歌ってましたが、この歌が出来た時から「こんな感じで演奏してみたいなあ。」と今作のような演奏を夢見てたので、夢が叶って良かったです。

「ユーレイ」

この世に未練があって 成仏できない人が
道路や山やビルや そこここにいるという

念仏は唱えた 花や果物も供えた
だけどもまだいるみたい 僕には見えないけど

恋人は明かりをつけたまま ソファーで眠っている
君みたいなあきらめの悪いやつが ユーレイになるのさ

立派な葬式を出しても お線香をあげても
見える人の話では うじゃうじゃいるという

まだ何かいい事があると思っているのかな
棺桶では眠れない 墓の下では眠らない

恋人は布団にもぐらずに 居間でまたうたた寝
君みたいなあきらめの悪いやつが ユーレイになるのさ

布団で寝てくれないか ソファーに座りたいから
寝室に行ってくれよ じゃまでしょうがないのさ

 

 
皆さん経験のある事だと思いますが、居間にテレビとソファーがあって、そこのソファーで酔っ払いが眠りながらテレビを見ている。
チャンネルを変えようとすると「見てるよ。起きてるよ。」と言う。
「布団で寝てよ、ソファーに座らせてよ。」と言っても動かない。

そういう皆さんが体験するような普遍的な苦情を、文学的にロックンロールに乗せて歌うと、こういう事になるわけです。 

それでは解説もあと二曲。
そして、予約特典欲しい人は締め切りまであと二日ですよー!

では、また明日。
明日は「バスが来るまで」です。

古宮大志

過去の記事