ブログ

12月8日(金) 「永遠に、たまに」通信追伸

前回で「永遠に、たまに」通信最終回でしたが、、、、追伸!

PS.わー!いーちゃんがレコ発前日にPVを作ってくれた!
えらい!とてもいいぞ!見てね!
見てさ、もし素敵だったら明日来てね!

PS.この真夜中の海は、浜松でライブした後、いーちゃんがどうしても「さわやか」っていうハンバーグのファミレスに行きたがり(今まで人生で食べたハンバーグの中で一番おいしかった!いーちゃんは二皿食べた。)その後、そのそばの中田島砂丘というのに、はなえもんと、いーちゃんが行きたがり、俺はその日あんまり良いライブが出来なかったから、早く帰りたい気もしていたが「さわやか」の裏の田んぼにハクビシンみたいな動物や、小さいカエルがたくさんいて少し元気になったので「アディーが行きたいって言ったら行こうか。」と言ったら珍しくアディーもノリノリだったので行きました。

CDのジャケットもこの砂丘。
はなえもんの写ルンです、でスタッフのソノダさんが撮影してくれました。

夏の思い出。
では、明日マーブルで!

古宮大志

12月7日(木) 「永遠に、たまに」通信最終回

今日はレコ発前の最後のスタジオ。(もちろん最近お気に入りのスタジオコヤーマ!)
昔、剣道部だった時とか、バスケ部だった時とか、吹奏楽部だった時とか、なんか大会前の最後の練習終わりの、あの感じ。
ああ、あの感じだったな、今日のスタジオは。

DQXQJUrU8AEEYGW

俺たちは完璧だよー!
来てねー!

scan-001

あ!話変わるが、
CDの盤面やら歌詞カードの中身やら、脱退した、はなえもんのデザインもあるんですよ。

K4010036

俺はせっかちなので、去年のセカンドアルバムのレコ発ライブが終わった瞬間から、次のサードアルバムの事で頭がいっぱいだった。

そして、この1年の間に、鍵盤のユキコトーキョーとギターのはなえもんが抜けてしまった。

でも、やっとここまで来た。
この一年結構疲れたな。
もうボロボロだ。
だけど、最近なんか世界がキレイに見える。
冬のせいだけではないと思う。
無色透明のこの感じ。
いいね。いいぞ。レッツゴー!

今度の土曜日で全てが決まってしまうような、そんな気がします。

じゃあね。
マーブルで会おう!

古宮大志

12月5日(火) 12/9のワンマン来てね。

12/9のレコ発まで「毎日ブログを書く!」とメンバーに断言してたのに、CDの発送作業が一段落したら、安心して3日位ダラダラしてしまった。

2日は俺は誕生日でしたが(ドラミちゃんとマリアカラスと一緒だ。)父母が東京に来ていて、父が「秩父の夜祭りに行きたい!」と言うので、一緒に行って誕生日を祝って貰いました。(レテパスタッフのソノダさん、絵描きの貝塚歩さん、歌手の五月リョウタさんもついてきてくれて祝ってくれた。)

image2
母が俺の背中にカイロを貼っています。

K4010021
この写真、先日も載せたが、30年位経っても、自分の表情があまり変わってない。永遠の少年だ、ラッキー!

まあ、そんな感じでダラダラしてましたが、昨日スタジオでようやくシャキッとした。

どんどん良くなっていきます。
ぜひ見てほしい。12/9のレコ発ワンマン。

scan-001

ではメンバー紹介。

image1 (16)

ギターは高野京介。
彼のギターの音は懐かしい音がします。

image1 (18)

ベースは飯田裕。
彼のベースは日によって音が違います。
元気があったり、なかったり。
これは良い事です。

image2 (6)

ドラムは鈴木亜沙美。
昨日スタジオでアディーがトイレに行ってる間に男3人で「あ!そーいえばアンコールとか忘れてたね。」という話になり「そーいえば、昔アディーが全然レテパに加入してくれなくて、嫌がらせに作った歌があるよ。」と言って歌ったら、二人とも気に入ったみたいでした。
「旅に出るなら」という超嫌がらせの歌は、歌詞のページで読めますので読んでみてね。

image1 (17)
ボーカルは古宮大志。
なんかこのバンド、モテそうだな。

というわけで!
高野君のお兄ちゃんが撮影してくれてた、先日の上野のライブ。
奥に見えるキャイ君のおかげで、より一層モテそうなバンドに見えています。

「虚飾ない言葉とメロディー」と解説されてるね。
先日新宿で手相を見てもらったら「あんたは右と左の手相が全く一緒だから裏表が無さ過ぎるのが、良いような悪いようなところだ。」と言われたから、そういう事です。

ありがとー!ラッキー!

では、明日はワンマン前ラストスタジオです。
がんばりまーす!

古宮大志

11月30日(木) 「永遠に、たまに」全曲解説「永遠に、たまに」編

というわけで、解説もあと1曲。
本日11/30日中に予約すると、特典付くから、欲しい人は今日中に。
特典はこの歌の歌詞だよ。1枚1枚書きまくりです。

K4010034

こういう梱包とか細かい作業苦手だが、がんばってやりましたので、雑でも許してね。
全然時間が間に合わなく「わー!一筆なんか手紙を書きたい!」とか思っても無理そうだったから、オールオアナッシングの精神に乗っ取り、どーせなら全員に何も書かないでおこう、と、メッセージとか書く暇全然ありませんでしたが、ありがとー!嬉しい!と喜んでますので、ご容赦を。

昨日CDが届いたから、今日第一弾を郵便局にサンタクロースみたいにゴミポリ袋に詰め込んで持って行ったが、結構異様な光景だった気もするが、近所の郵便局は顔見知りだから局員さんも笑ってました。

まあ、今日中予約で「永遠に、たまに」の歌詞が貰えるよ。
まあ、明日以降は歌詞は貰えないけどCDは自信作だから、ご予約お待ちしてます。

97dfd400903cd17f8167fe9fe3585db8

僕のレテパシーズ
3rdアルバム「永遠に、たまに」

1.深海
2.夜に名前を
3.ホープちゃん
4.ラブソング
5.雨の日々
6.ていくいっといーじー
7.君の思い出
8.ユーレイ
9.バスが来るまで
10.永遠に、たまに

ご予約は
http://yoruninamaeo.theshop.jp/
からどーぞ!

では、全曲解説ラストは「永遠に、たまに」

「永遠に、たまに」

いつでも何かを忘れてるような
大切な誰かを置いてきたような
でも 永遠に、たまに

流れ星 最後に光ってるような
三回も願わずに 一回でいいよ
ただ 永遠に、たまに

雨水で出来てた 透明な海も
少しだけ過ごした 透明な君も
ほら 永遠に、たまに

 

 
去年の終わりくらいかな?なんかフラフラと「永遠に、たまに」って気分で生きてました。
で、いつかそういうタイトルの歌が出来たら、もうどうなったっていいな、と思ってたら、今年になっていきなり出来た。
(あの頃の俺を支えてくれた人にありがとうと言いたいわ。)

きっかけとしては、18年前に宮古島を一人で旅してた時に(高3かな?)会った、まさし君という年下の友人から、今年いきなり18年振りに電話がかかって来て「にーにーなんで会いに来ないんだよー!ずっと待ってるんだぞー!」とまるであれから全く1秒も時間が経っていないかのようなノリで文句を言われ、感動したら、この歌が出来た。

で、アルバムのタイトルもこれにした。
アルバムの最後10曲目に入ってます。

古宮大志

11月29日(水) 「永遠に、たまに」全曲解説「バスが来るまで」編

さっきCDが届いた!Tシャツも届いた!
届く前にごちゃごちゃのクローゼットの中を整理すれば、1st、2ndの在庫と共に全部収納出来る予定でしたが、全然整理しなかったので、さっそく猫が大喜びで乗っかってます。

K4010029

K4010030

明日中に予約すると特典付くから、どーせいつか買う人は明日までに予約すると良いでしょう!

それでは「バスが来るまで」解説。

この歌は2008~2010年位の歌かな?
なんかこの歌が出来た時「海へ行こうよ」「夜明け前」も同時に出来て「わー豊作!ラッキー!」という感じだった気がする。
このパターンみたいになんかどんどん出来ていく時もあるし、平気で1年くらい出来ない時もある。
自分から作ろうとは決してしないが、たまーに何かいきなり歌詞とメロディーが同時にやって来るから(まあ歌ですね。)そんな時はちゃんと書き留めて「よーこそ!よろしく!」という感じです。

これは、俺が岩見沢市の緑陵高校という高校に通っていた時の事を思い出して出来た歌ですね。
この学校は丘の上にあり、その横に教育大学というのがあって、本当はダメみたいでしたが裏の森を抜けると大学の敷地に入り、バス停への近道でした。

高校生の頃出来た「夕立が降ってる」という歌と、この「バスが来るまで」という歌は同じエリアでの出来事です。
両方なんか妙に好きな歌です。

「バスが来るまで」

1時間に1本しか来ない バス停を目指し
君と二人で大学の近道を急ぐ

夏になったよな 昨日あたりから 水銀灯に
群がるでかい夏の虫と 恐がる君と僕と

坂の上 バス停が見える 夕日が残ってる
バスは行ってしまったね 夜がやって来た

僕らは僕らの住んでいる 街に背を向けて
次のバスが来るまでは ここで暮らそうよ

カメラ屋の広告がついている バス停のベンチの
缶詰の灰皿が揺れて 高い音を鳴らす

夏の風だよな 昨日あたりから 女子高生の
夏服の短いスカートに喜ぶ君と僕と

まだ来ない バス停の上で 星が増えている
バスが行ってしまったら どこかへ行けました

僕らは僕らの持っている 全てに背を向けて
次のバスが来るまでは ここで暮らそうよ

まだ来ない バス停で僕ら 別に話さずに
バスが行ってしまったら どこかへ行けました

僕らは僕らの住んでいる 街に背を向けて
次のバスが来るまでは ここで暮らそうよ

僕らは僕らを待っている 全てに背を向けて
次のバスが来るまでは ここで暮らそうよ

バスが来るまでは ここで暮らそうよ

 

 
という感じで、特典欲しい人は明日中に予約してね!

明日はラスト!
10曲目は「永遠に、たまに」の解説!

古宮大志

11月28日(火) 「永遠に、たまに」全曲解説「ユーレイ」編

今日はスタジオ。
高円寺のスタジオコヤーマ、始めて入ったが完璧に大好きだった。
これからは基本的にコヤーマにしよう。

image1 (14)

なんかまあ当然だが良いバンドになってきた。
まあ、当然だが、嬉しい。超最高。12/9は20曲やる。

というわけで。

全曲解説あと3曲!
今回は「ユーレイ」
これは多分2006~2009年くらいに出来た歌のはず。
出来た時はもちろんレテパなんか組んでいなく、ソロで歌ってましたが、この歌が出来た時から「こんな感じで演奏してみたいなあ。」と今作のような演奏を夢見てたので、夢が叶って良かったです。

「ユーレイ」

この世に未練があって 成仏できない人が
道路や山やビルや そこここにいるという

念仏は唱えた 花や果物も供えた
だけどもまだいるみたい 僕には見えないけど

恋人は明かりをつけたまま ソファーで眠っている
君みたいなあきらめの悪いやつが ユーレイになるのさ

立派な葬式を出しても お線香をあげても
見える人の話では うじゃうじゃいるという

まだ何かいい事があると思っているのかな
棺桶では眠れない 墓の下では眠らない

恋人は布団にもぐらずに 居間でまたうたた寝
君みたいなあきらめの悪いやつが ユーレイになるのさ

布団で寝てくれないか ソファーに座りたいから
寝室に行ってくれよ じゃまでしょうがないのさ

 

 
皆さん経験のある事だと思いますが、居間にテレビとソファーがあって、そこのソファーで酔っ払いが眠りながらテレビを見ている。
チャンネルを変えようとすると「見てるよ。起きてるよ。」と言う。
「布団で寝てよ、ソファーに座らせてよ。」と言っても動かない。

そういう皆さんが体験するような普遍的な苦情を、文学的にロックンロールに乗せて歌うと、こういう事になるわけです。 

それでは解説もあと二曲。
そして、予約特典欲しい人は締め切りまであと二日ですよー!

では、また明日。
明日は「バスが来るまで」です。

古宮大志

11月27日(月) 「永遠に、たまに」全曲解説「君の思い出」編

全曲解説もあと4曲です。

僕のレテパシーズ
3rdアルバム「永遠に、たまに」
97dfd400903cd17f8167fe9fe3585db8
1.深海
2.夜に名前を
3.ホープちゃん
4.ラブソング
5.雨の日々
6.ていくいっといーじー
7.君の思い出
8.ユーレイ
9.バスが来るまで
10.永遠に、たまに

御予約たくさんありがとうございます。
今作はCD屋さんには並びません。
http://yoruninamaeo.theshop.jp/
にて、11/30までに予約すると、12/4に届きます。
支払方法も色々選べて簡単みたいだから、歌えるようになるまで聞き込んでから12/9のレコ発に来てね!

11/30までの予約特典で、俺が書いた「永遠に、たまに」の歌詞が付きます。
(あと、カッコいいステッカーも付くよ!)

一枚一枚書き始めてます。

K4010027

岩見沢緑陵高校の頃、剣道部で痛めた慢性の腱鞘炎がまだ痛い。
好きだった剣道部のマネージャーが痛めた手首のテーピングを手伝ってくれたのが懐かしい。
(札幌真駒内アイスアリーナでの事だ。)
あれから17年位経つのに、沢山文字を書いたりするとまだ痛い。

でも、今回は嬉しい悲鳴なので、どんどん予約して下さいね!

では、話は戻り解説解説。

「君の思い出」

君の悲しい思い出を 浅草の食堂で聞く
君の旅行の写真を 神楽坂の喫茶店で見る

梅雨の始めの日に 薄曇りの日に
アジサイの始めと バラの終わりに

君のおじいさんの話を 江ノ島の崖の上で聞く
光と雲の呼び名を 江ノ島の崖の下で聞く

夏の終わりの日に 君のとなりで見た
知らない町の明かりや リンゴ畑を

君の小学校の話を 東高円寺で聞く
悲しみも喜びも 遠くを見ながらね

キリストの生まれた日に 下北沢で見て
大丈夫な気がした 関係のない事さ

君の思い出を聞く 僕の目玉は
いつも遠くを見てて そこで会ってた
そこで会ってた そこで会ってた

 

まあ、片思いしていた女の子をデートに誘い、行った場所を羅列してるだけですね。
この子とはいつぞやのクリスマスに下北沢の道端で出会い、俺が一目惚れした、というパターンです。
ベースメントバーに行く途中のセブンイレブンの前ですね。

地元の北海道ではアジサイは咲かないから、バラが終わり始めた頃に、アジサイが咲き始める、梅雨も東京に来て初体験だから、とても心に残りました。

自分の歌詞は全部気に入ってますが、

梅雨の始めの日に 薄曇りの日に
アジサイの始めと バラの終わりに

という、歌詞はなんか妙に気に入ってます。

いつか俺が死んで文学碑を建てる時は、これ使っても良いですよ。
でも、北海道に建てる場合は、あっちっぽい歌詞の方が良いかもしれません。
これは東京バージョンで。

俺はポーグスが好きだから、編曲はアイリッシュパンクな感じになっています。
その昔レテパで出した「LIVE AT MOTION」というライブアルバムにも収録されていて、この歌を歌う前に「ほんとうのアイリッシュパンクってのを教えてやるよ。」と偉そうに喋っています。
ちなみに「空知」の前では「ほんとうのタンゴってのを教えてやるよ。」と偉そうに言っています。

古宮大志

11月25日(土) 「永遠に、たまに」全曲解説「ていくいっといーじー」編

解説する前に。

昨日は練習でした。
12/9のレコ発ワンマンに向けて張り切ってます。
知らない人もいるかもだから一応書いとくが、ギターのはなえもんは辞めてしまったので、サポートギター&キーボードで高野京介が弾いてくれます。
(先日の上野の初ライブ、高野君の兄ちゃんが映像を撮ってくれてたみたいなので、参考までに近々載せますね。)

昨日の練習では高野君がアディーのドラムばかり褒めるから「俺も褒めて!」と言ったら「ああ、好きだよ。」と言われ、きゃー!っとなった。

image1 (14)

そーいえば、高野君以外はみんな天パだな。

ワンマン是非来て下さい。
できたら、CD聞いてから来て下さいね。

なんか俺は、例えば「17」っていう歌をライブで歌う時、客の一人一人が「17」をCDで聞いてて、その歌に一人一人思い出がある時、その歌は俺の物では無く、なんかそれぞれの「17」があって、そーいう瞬間が好きだ。
みんな一つに。と言うのは大嫌いだが、なんかみんなそれぞれのあの感じ。
(最短お届けが12/4だから、ライブまで5日位しかないが、5日あれば思い出くらいできるはず!)

なんで「僕のレテパシーズ」って名前なんですか?とたまに聞かれる。
で、
「ええと、テレパシーってあるじゃん。感じるじゃん。でもあれは弱い。もっと強いの知ってるからそれに勝手に名前を付けた、レテパシー。で、僕ら、というのが昔から嫌いで、僕。にした。」

では、話を戻し全曲解説「ていくいっといーじー」編。

これは、高円寺をフラフラと女連れで歩いてたら出来た歌だな。
まあ、そのままです。

「ひろしさん、どこに住んでるんですか?」
と聞かれ「高円寺です。」と言うと「あー!ぽい!」とよく言われる。

住めば都な性格だから今まで住んだ全ての町が好きだが、縁もゆかりも無い高円寺に住んだのは、同性する相手の実家が4代前から高円寺で「住むならそのそばに。」という理由からでした。

今は猫のホタテと5月と俺の3人で住んでます。

歌詞にゴッホが出てきます。
今、上野でゴッホ展やってるみたいですね。
先に、札幌でやったらしく母が「よかった。」と言うから行ってみようと思う。

高校生の頃、授業から抜け出し図書室へゴッホの絵を見に行くのが救いでした。

古宮大志

「ていくいっといーじー」

その日かなり卑屈に 君の笑顔を見た
夜は重なり合ってる 昔も今も未来も全て
僕はここがどこなのか わからないよな気分でデート中
路上の少女が歌う「世界を変えたい。」って歌詞の前 通過中

ていくいっといーじー 世界を変えるなんて
ていくいっといーじー バカな事を言うんだな
ていくいっといーじー 変えるどころか世界は全部
ていくいっといーじー 君が作ったんだよ

バカ 君の責任さ

ゴッホの絵のようだ ゴッホの絵のように見えるんだ
街も人もあのこも 飛び降りるあの光の感覚も
油絵の具の中さ ずっとそう感じていたんだ
油絵の具の海で ずっと僕見ていたんだよ

ていくいっといーじー 夜が長すぎだな
ていくいっといーじー 早く帰ればよかったんだよ
ていくいっといーじー 「でも眠ったら朝だ。」なんて
ていくいっといーじー 世の中に慣れた人のセリフ

「でも僕また起きたらゴッホ。」笑

ていくいっといーじー 世界を変えるなんて
ていくいっといーじー バカな事を言うんだな
ていくいっといーじー 変えるどころか世界は全部
ていくいっといーじー 君が作ったんだよ

僕が作ったんだよ 全部

11月23日(木) 「永遠に、たまに」全曲解説「雨の日々」編

2007年~2009年頃に出来た歌かな?多分。
(「歌詞」のページの掲載順は歌が出来た順になっています。年代までは覚えていないが。因みにこの歌の1曲前は「君とスピッツ」みたいです。)

俺は自分で傘を買った事が無い。
晴れてる日にライブとかしに行って、店を出たら雨が降っていて、お店から傘を借りる(まあ、事実上貰ってるが、、)その繰り返しで、傘はどんどん増えていく。
極力手ぶらで出かけたいから、夜は雨、とかの予報でも傘は持たずに出かけてしまう。

逆のパターンの場合、傘をさして出かけるが、止んだらどこかに置いてきてしまう。

そんで、置き場所に困るくらい沢山あったはずの傘が、気付いたら1本も無くなっていて、あらら、という体験を何度か繰り返してたら出来た歌。

CDでは後奏のアディーといーちゃんのコーラスも良い感じ。
間奏ではハーモニカも吹いています。
昔は入れれそうな箇所には、どの歌にもがんがんハーモニカを入れていた気がするが、今のメンバーだと「みんなどんな演奏するんだろう?」と楽しみだったので、極力ハーモニカを吹かなくなってきていた気がします。

K4010025

写真は2017年11月23日現在のうちの傘達。
5本かな?
今から出かけるが、今日みたいな天気の日に1本減るんだろう。

古宮大志

「雨の日々」

思い出をつくろう そしていつも思い出そう
僕らは今日が苦手で いつも昨日を話してる

今日を捨ててしまおう すぐに思い出せるように
昨日を語り、今日を捨て、そして明日をチラ見する

雨の日々が続いてるように 傘が増えてしまうように
増えすぎだね、なんて言っていた 傘が気付けば無いように

別に悲しくなく とても楽しくやってるよ
何だか少し遅いだけ 今が今も思い出のよう

だから今日を捨ててしまおう いつも思い出せるように
昨日に出会い、今日思い、そして明日をチラ見する

雨の日々が続いてるように 傘が増えてしまうように
増えすぎだね、なんて言っていた 傘が気付けば無いように

11月22日(水) PV「ラブソング」公開!

サードアルバム「永遠に、たまに」収録曲「ラブソング」のPV公開です。
まずはご覧下さいね。

どうでしたか?
前回の「ホープちゃん」同様、メンバーが俺しか出ていませんが(ホープでは猫の絵になりみんな出てましたが。)俺が出たがりな訳ではなく、元々撮影予定だった全員参加の「雨の日々」が急遽出来なくなってしまったので、俺一人しか予定が合わず、苦肉の策でこんな脚本を書いてみましたが、なかなか良い感じになり結果オーライです。

撮影は、はせがわだい君の家の2階で行いましたが、時間に事情があり「ワンテイクしか撮れないぞ!みんな集中しよう!」と張り切ってテイクワンでやりました。
さて、この女性は誰でしょう?

答え:浜本理紗

「ホープちゃん」で絵を描きまくってくれたリサが出演してくれました。
名演技。えらい!

テイクワン撮影して、その後確認したら、途中で洗濯ばさみが映っちゃてましたが「レテパらしくて良いんじゃないですか?」とだいちゃんが言うので、俺もリサも大賛成で「そーだ!そーだ!」とめでたく完成。

と、いうわけで。

僕のレテパシーズ
3rdアルバム「永遠に、たまに」
97dfd400903cd17f8167fe9fe3585db8
1.深海
2.夜に名前を
3.ホープちゃん
4.ラブソング
5.雨の日々
6.ていくいっといーじー
7.君の思い出
8.ユーレイ
9.バスが来るまで
10.永遠に、たまに

予約受付中!(たくさんありがと!)
11/30までに予約すると、特典が付きます!
そんで、12/4に届きます。

詳しくは
http://yoruninamaeo.theshop.jp/
にて!

よろしくね!聞いて12/9のレコ発も来てね!

古宮大志