1月13日(月) サマー

風が吹いたら 猫が目を覚まし
夏のニオイを 目を細めて嗅ぐ

いつのまにかさ 悲しい日々が
ずっと続く事も 消えてなくなった

夏の空を見た時に 思う事は変わったけど
夏の空を見る事は 変わらない僕です

海を見に行く 電車に乗って
君の手をつなぎ 早起きするのさ

どうしたんだろ 悲しい雨が
止まないどころか 降る事もないよ

夏の海を見た時に 思う事は変わったけど
夏の海を見る事は 変わらないようです

僕の事を変わったねと 言う人が沢山いるよ
変わったのは心だけ 僕は変わらないのに

夜になったら 猫が目を覚まし
テーブルの下で 眠そうにしながら

僕が眠るまで 起きているんだ
こんな日々が 続けばいいのにな

4thアルバム「ブルースマン」収録録
(2012年作詞作曲)

1月12日(日) ヘルメットヘアー

君の髪が肩までのびて
僕と同じになったなら
結婚してくれるって言ったのに

君は少しのびたらすぐに切ってしまう
ヘルメットヘアーで
自分の事 守っているんだ
きっと多分 僕をおそれて

結婚したら 酒はやめる
なんなら入院してもいい
次のアルバムで金だって返せる

だけどいつも少しのびたら切ってしまう
ヘルメットヘアーさ
自分の事 守っているんだ
きっとそうだ 僕をおそれて

だけど今回は少し様子が変だな
髪がのびてきてる
ヘルメットをやめたら 誰が君を守るの?
僕が守るよ

君の髪が肩までのびて
僕と同じになったから
結婚しよう 街の教会で

4thアルバム「ブルースマン」収録
(2018年作詞作曲)

1月11日(土) 僕のレテパシーズのテーマ

このまま僕が消えたんじゃ 君達はどーすんの?
悲しむ人はいるけれど 僕の方が悲しいじゃん

明日には君の事 好きになっているかも知れない
明日には君の事 友達って思える気がする

だからこのまま僕は消える
ありがとう さようなら いつまでもお元気でね

僕のレテパシーズが好き
あなたよりも好き

このまま君が消えたんじゃ 僕達はどーすんの?
悲しむ人はいるけれど 君の方が悲しいじゃん

明日には僕の事 好きになっているかも知れない
明日には僕の事 友達って思えているかも

だからこのまま僕は消える
ありがとう さようなら いつまでもお元気でね

僕のレテパシーズが好き
あなたよりも好き

4thアルバム「ブルースマン」収録
(2010年作詞作曲)

1月10日(金) 長野県のお月様

あの時の約束はどうなったの 変わったのは僕だね きっとそうだろう
あんなに毎晩会っていたのに 今じゃ満月の時「満月。」と言うだけ

四角い窓から君を見上げては 首が疲れた頃 下を向き
考えていた事は忘れたが 見上げると君が驚くほど動いてた事を覚えてる

月に習ったギターで歌を歌い ハーモニカ手にとれば月の冷たさ
月に聞かす為だけに歌ってた訳じゃないけれど 結果的に聞いてたのは月と僕だけで

毎晩月と会っていたのです

今夜僕は長野の山にいて 変わったのは僕かな ほんとそうかな
君はあの月とおんなじ月ですか 長野県のお月様に聞いてみよう

変わったのは僕かな ほんとにそうかな 長野県のお月様に聞いてみよう

5thアルバム「レテパシー」収録
(2008年作詞作曲)

1月9日(木) 音楽

音を楽しんで彼らは 音楽だって彼らは
そりゃそーか そりゃそーだ
歌っている 汗かいている

音で楽になる僕なら 音楽だった僕には
そりゃそーか そりゃそーさ
歌っていた 汗かいていた

死にたくなる時にも
消えたくなる時にも
やめたくなる今にも
歌う 歌う 歌が僕を救う

NO MUSIC NO LIFE 楽しくなんかはなかったけど
歌が出来て 歌を歌う 消えないでくれ 待っていてくれ

NO MUSIC NO LIFE 黄色い袋とすれ違いざまに思う
違うけれど ほんとそうだよな 音楽

少しずつ終わってく
一瞬じゃなく じょじょにさ
気がついていたんだよ
歌う 歌う 歌よ僕を救え

NO MUSIC NO LIFE ライフは命 人生じゃなく
水飲み場の虹は消えて びしょぬれになっただけだとしても

NO MUSIC NO LIFE 黄色い袋 遠ざかってく 時に思う
違ったけど ほんとそうだった 音楽

NO MUSIC NO LIFE 楽しくなんかはなかったけど
歌が出来て 歌を歌う 消えないでくれ 待っていてくれ

NO MUSIC NO LIFE 黄色い袋 遠ざかってく 僕は思う
違ったけど ほんとそうだよな 音楽

5thアルバム「レテパシー」収録
(2019年作詞作曲)

1月8日(水) ミツバチ

ミツバチ 働く 白い夏 僕は一人で
歩いた だけども 行きたいとこなんてなかった

学校が終わって なしくずしになった恋など
どこにも行けずに笑顔になっていくんだなぁ

そして、月ばっかり見てた僕はミカンを食べすぎたみたいに オレンジ色に染まった心を
まるでロマンチストみたいに そっと夕日に混ぜ込んだ 
だから どこにも行けずに涙も流れないってわけさ

大人は言うんだ 子供の頃に戻りたいって
僕は思うよ お前なんか死ねばいいって

だって、こんなにつらいんだよ いつも死にたくなるのさ 
お前は みんな同じだと 僕に言うけれど
俺が同じわけがないだろ もしも同んなじだったら 
世界は もっと素敵で楽しくなっているはずだもの

ミツバチ 働く 白い夏 僕は一人で
歩いた 行きたいとこなんてないけど歩いたよ

5thアルバム「レテパシー」収録
(2002年作詞作曲)

1月7日(火) たこ公園

夕方になれば 君を思い出し
夜もおそくなれば 君の夢を見た
夏のはじめの 空を見上げて
広い窓ガラスの向うから 君の電話を待ってた

足の上に乗った 君のまぼろしと
何を話したか 忘れちゃったけど
早く消えろ、早く消えろって
くり返しつぶやいてたことは 一生忘れないだろう

さようなら 幸運が 
降りてくるという八月なら もうすぐそこまで来てたのに

コンビニで買った 安い花火持って
たこのすべり台の下でキスをした
一つの人生を降りてしまったら
僕はもっと素敵になれる 本気でそう思ってた

さようなら 偶然が
風の中 僕を置き去りにして 少し優しくもなれたけど

さようなら 幸運が
降りてくるという八月なら もうすぐそこまで来てたのにね

5thアルバム「レテパシー」収録
(2001年作詞作曲)

1月6日(月) 地下室の外は

優しくおこられたら泣きそうになった 
そんな人は本当に久しぶりだったから
地下室の外はもう明けていて 
昨日のまんまの俺が また少し変われそう

おこられている時は自分を守ろうと思う 
その人がどれだけ俺を傷つけるかわからないから
でも今は大丈夫 きっと大丈夫 
こいつに泣かされて こいつに笑わされよう

地下室の外はまだ雨だった 
地下室の外はまだ雨だった
地下室の外は何も変わらないまま 
地下室の外は何も変わらないまま

昨日の太陽にサヨナラもせずに 
また朝になった 朝も年をとった
君のそのオンボロの壊れた車の窓に 
たくさんの雨が降れば いいのになあと思うよ

地下室の外はまだ雨だった
地下室の外はまだ雨だった
地下室の外は何も変わらないまま 
地下室の外は何も変わらないまま

5thアルバム「レテパシー」収録
(2001年作詞作曲)

1月5日(日) 雪包丁

街の方からは風だけ そして僕は思い出す
同んなじようなこの道 そうだどこまでも続く

街灯のオレンジが 
僕の顔や胸その他もろもろに刺さる

いつまで降るのこの雪 僕はやまないでほしい
楽しいはずさどの道 だって冬は素敵だから

ボロボロの包丁で
この街のビルやその他もろもろを刺そう

僕のこの手袋の
フワフワで溶けた雪がずっと乾かないよ

僕のオンボロのクツにさ さっきから雪がしみる
それが僕にはうれしい だってなんかキレイだから

左手の方だけが なぜか少しあたたかいんだ
そんなものですら 君にゃまぼろしに見える

そして僕はまた一人 待ちぼうけも終わらずに
待ってる事も忘れて いつもとことこと歩く

街灯のオレンジさん
僕の顔や胸その他もろもろを刺せよ

ボロボロの包丁で
この街のビルやその他もろもろを刺せよ

いつの日にかこの道も終わる時が来るのかな
そんな時には夕日か朝焼けを用意してよ

左手の方だけが なぜか少しあたたかいんだ
そんなものですら 君にゃまぼろしに見える

5thアルバム「レテパシー」収録
(2003年作詞作曲)

1月5日(日) あけましておめでとう

あけましておめでとうございます。
今年は張り切っております。
早速ですが、僕のレテパシーズ久し振りのライブです。

2020/2/21(金)
新高円寺LOFT X
のっぺら 2ndアルバム『板西』レコ発ツーマン
【ネオヤンキーズセッション vol.5】

出演
のっぺら
僕のレテパシーズ

開場 19:00 / 開演 19:30
前売 ¥2400 / 当日 ¥2900 (各+1d ¥600)

東京では、2017年12月9日の「永遠に、たまに」レコ発ワンマン以来2年振りのライブです。
ライブの最初にいつもの「お待たせしました。僕のレテパシーズの登場です。」って言うの、忘れないようにしなくっちゃ。
多分歴代一位の心のこもった「お待たせしました。」が繰り出される事でしょう。
お見逃し無く。今から予約スタートです。
予約は→ http://retepa.com/live/

今年も、というよりは、今年は、だな。
というわけで、今年はよろしく!がんばるよ。
(家中の置物?達と御挨拶。)

C4792ECD-1278-4BD3-968D-C5E5244B84FA

前も載せた写真だが、KISSのライブの帰り道、のっぺらの二人に遭遇。
ポールスタンレーに扮した俺の事が心配になったのか、ライブオファーしてくれた。

「何やってんすか、マジで。ライブしないんすか?レテパ。ツーマンしましょーよ。」
「はい、すみません。やります。」

大事なレコ発に呼んでくれてありがとう、のっぺら。
ボーカルの小棚木は「レテパ呼ぶの、怖えーな。」と言っていた。
彼女は鋭い。分かってる。えらいぞもみじ。さすがだね。
めちゃくちゃにしてやる。

EAFA32E8-0788-4593-B5F7-E059BAD12195

1月4日(土) 佐藤君と伊藤君

水平線の向う側にはさ 水平線の向う側がまた
何もかもを飛びこえて 僕ら 何もかもが軽いまま

全て終わりにしましょうと 電話の向うで佐藤君
一つだけ終わりにすればいいよと 反対意見の伊藤君

流れる雲にやっと追いついて 流れる雲をまた探している
遠くばかり見ていたね だから 何もかもが軽いまま

全て終わりにしましょうと 電話の向うで佐藤君
一つだけ終わりにすればいいよと 反対意見の伊藤君

君のため 君が立ち続けるため
君のため 君が待ち続けるため
僕のため 僕が飛び続けるため
僕のため 僕が旅続けるため

全て終わりにしましょうと 電話の向うで佐藤君
一つだけ終わりにすればいいよと 反対意見の伊藤君

5thアルバム「レテパシー」収録
(2009年作詞作曲)

1月3日(金) そしてトンキーは死んだ

そしてトンキーは死んだ 僕の人生の中で
そしてトンキーは死んだ 今度こそ死んだ

僕が小学校の頃の教科書に載っていた話
そしてトンキーも死んだっていう かわいそうな象の話

あれから何年か経って どっかのババアがクレームを
つけたおかげで題が変わり 今度こそ死ねた

そしてトンキーは死んだ 僕の人生の中で
そしてトンキーは死んだ 今度こそ死んだ

夏になったらそんな事 誰かが思い出すんだろう
秋になったらそんな事 誰もが忘れるんだろう
明日になったらそんな事 僕も忘れているんだろう
だけどもこれでよかったな 今度こそ死ねた

そしてトンキーは死んだ 僕の人生の中で
そしてトンキーは死んだ 今度こそ死んだ

5thアルバム「レテパシー」収録
(2003年作詞作曲)

1月2日(木) 東京の空で

久しぶりの雨のおかげで 東京の空も
僕が見続けた空みたいに 遠くまで見える

君の住む夜の校庭も ハッキリと見えた
すぐに君は横にやって来て 僕の手をつなぐ

いつだって その手を離すのは僕の方からで
そのたびに ちゃんと君は悲しくなってた

今 僕が毎日少しずつ悲しくなるのは
あんな時に君みたいに ちゃんと過ごさなかったからさ

雨上がりの透明な街 東京の空は
僕の知ってる空みたいに 何もかも見える

君の住む夏の市営バスも 思い出すというより見えた
すぐに君は僕のとなりの席で 夏の町を見てる

いつだって その目をそらすのは僕の方からで
そのたびに ちゃんと君は涙を流してた

今 僕が毎日少しずつ泣きたくなるのは
あんな時に君みたいに ちゃんと過ごさなかったからさ

いつだって 話をやめるのは僕の方からで
そのたびに ちゃんと君は苦しくなってた

今 僕が毎日少しずつ苦しくなるのは
あんな時に君みたいに ちゃんと過ごさなかったからさ

今 僕が毎日少しずつ悲しくなるのは
あんな時に君みたいに ちゃんと過ごさなかったからさ

5thアルバム「レテパシー」収録
(2011年作詞作曲)

1月1日(水) 水平線

僕はただ一番星だけを探しにやって来たのにね
夜空には気持ち悪いくらいに星があってさ

5thアルバム「レテパシー」収録
(2003年作詞作曲)