2月23日(日) 一昨日のライブ

こんなこともちろん誰にも言いませんでしたが、一昨日のライブがうまく出来なかったら、そのまま蒸発して、暖かい南の方で路上アウトドア生活に入ろう。見た目はかなりベテランに見えるだろうから、知らない町でもうまくやっていけるさ、と密かに決めていましたが(本気で)そんな心配は無用で、無事会場中がレテパシーに包まれました。

素敵な時間でしたね。
俺がやりたかった事はこれだったんだよな。
夢がかなってよかった。信じていてよかったです。

復活、というより、新しかったな。
弾き語りも、バンドも含め、20年間で1番「歌を歌った」という感じがライブ後に残った。
こういう風に歌いたかったし、歌もこういう風に歌われるのを待っていたんだな。

お待たせしました。
僕のレテパシーズの登場です。

呼んでくれた、のっぺら。来てくれたあなた。来れなかったがレテパシー好きなあなた。
メンバーのみんな。そして自分にも、ありがとう。愛してるよ。と伝えたい。

ありがとう。愛してるよ。
レッツゴーです。

8A79E62F-0881-43C2-8FE7-5F3387DFD1D5

帰りの街も美しく見えました。よかったよかった。
2F803132-6D4E-4339-B83D-6F9CBEAD0F20

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

2月20日(木) 明日はライブ

というわけで、明日はライブです。
今、明日はライブです、という文字を書いたら懐かしい気持ちになったくらい、ライブするのは久し振りです。
色々とあり、2017年12月の東京と、2018年の9月に秋田でライブをしただけで、それ以外はオファーも断り、ずっとやってませんでした。

明日以降のライブ予定も、現在白紙の状態です。
よかったら目撃してみてね。

PS.ギターの高野京介は可愛い男で、ベースのタカユキカトーと髪型がかぶってるから、服はかぶらないようにしよう。とか、せっかく新体制でのライブなんだから今までのSE(大正期?の「蛍の光」)はやめて、何か新しいのにしよう。とか提案してきます。
新SEねぇ、と、考えてたら、以前もこのページで書いたが、俺の中学時代の思い出の歌(深夜音楽番組「北海道ローカル、まる音デラックス」で、この歌のPVが流れ、録画したビデオを擦り切れるまで何度も見てた。)が、SE向きなんじゃない?とみんなに伝えたら、みんな大賛成だったので、明日は思い出に浸りながら登場するとします。

PS.写真は明日の限定CDを作ってるの図。
「僕のネオヤンキーズセッション」
1.音楽
2.メリミー(古宮大志による小棚木もみじカバー)
これに、僕のレテパシーズ「永遠に、たまに」発売記念の「クマとビール」Tシャツを付けて、なんと1000円。
買うしかないね。

6540CEC9-1B50-4F6E-B12E-5C35D5CA96E3

では、明日会場で会おう。

2020年2月21日(金)

新高円寺 LOFT X

出演
のっぺら
僕のレテパシーズ

開場19:00/開演19:30
前売¥2400/当日¥2900(各+1d ¥600)

CAFDA4B6-E70D-4F0A-9C2A-895E16A88C16

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

2月14日(金) レテパシー

ごめんなさい!
5thアルバムタイトル「音楽」に決まりました。
と書きまくったが、先日以下のメールをメンバーに送りました。

以下メール原文ママ

ちょっと相談!
先日、歌詞ページに5th歌詞載せた時に、5thアルバム「音楽」にタイトル決まりましたー!と書いて、よかったよかった、と暮らしてたんだが…

先日、日曜美術館見てたら、テレパシー、という言葉が出てきて、テレパシー、テレパシー、レテパシー、と、バンド名由来とかを思い出してました。

僕達、では、なく、僕
お客もメンバーも一人一人の「僕」のレテパシーズ
みんなで手拍子やら合唱やらせずに、各々自由に、歌ったり、踊ったり、微動だにしなかったり、の自由な客席。
ウォークマンでもライブでも、一人きりで聞く歌、一人になるための歌、なんて思い、僕。
で、
レテパシーは、第六感のテレパシーの愛に特化したバージョンを、レテパシー、と名付けよう、と思い、

僕のレテパシーズ

と名付けました。
そんなん、思い出してたら、

アルバムタイトル思い付いてしまって、2日間ねかしてみたが、やはりしっくり来てしまったので、メールしてます。

「レテパシー」/僕のレテパシーズ

01.長野県のお月様
02.音楽
03.ミツバチ
04.たこ公園
05.地下室の外は
06.雪包丁
07.佐藤君と伊藤君
08.そしてトンキーは死んだ
09.東京の空で
10.水平線

どうかな、「レテパシー」

集大成じゃないけれど、なんか、5枚目で、出来も良いし、レテパシー、って気がします。

次作は「アコースティック」だから、

ブルースマン
レテパシー
アコースティック

で、レテパ前期が

僕を殺せるのは僕だけさ
愛してるよ
永遠に、たまに

と、日本語丸出しだから、メンバーも変わり、後期はカタカナ、なのも面白いかと思った。

どうかな?
お返事ゆっくり考えてで大丈夫よー!

ひろし

というメールを送りまして、みんな「いいじゃん!」との事なので、変更!よろしく!

PS.訳あって先週から10日間、義祖母の介護をする事に。
料理したり、お世話したり、チューリップを植え替えたりして暮らしています。
良い時間。レテパシーレテパシー。
1週間後、素敵なライブになりそうね。

B704E47B-37C9-4827-BC20-C82B53D59E97

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

2月7日(金) 5thアルバム「音楽」歌詞10曲掲載

通販でCDを買ってくれた事のある人は、住所を見て知ってると思いますが、2013年春~高円寺の高円寺(寺)の私道にあるアパートに住んでいます。(私道だとは最近知った。お隣りのバイク屋さんが直したバイクの試乗を、裏が交番なのにノーヘルでやりまくるので聞いたら、私道だから関係ないんだよ、と教えてくれた。)
「どこに住んでるんですか?」と聞かれ「高円寺です。」と答えると「あー、ですよねー。」と、よく言われる。自分では分からないが、高円寺っぽい、らしい。
が、特に高円寺に思い入れがあったわけではなく(どちらかと言うと高円寺のライブハウスには良い思い出が無く悲しい街だった。)2013年から同居を始めたレテパキーボードのユキコが、三代前から高円寺(ひいばあさんが阿波踊りの初期メン(三味線)だったらしい。)の人間なので、その縁で住む事になった訳です。

何が言いたいかと言うと、昨年から書いてます「僕のレテパシーズ全曲解説」がまだ9曲しか終わってないのに、5thアルバムの歌詞10曲を昨日「歌詞」のページに載せたので、また増えた、終わんねえ、と思ったが、言い訳があり、この春引っ越すからドタバタしてる、と言いたかったのでした。

この大竹マンションでは、アルバム収録の歌だと、
「やさしい人」「ていくいっといーじー」「ホープちゃん」「17」「ロックンロール」「深海」「ラブソング」「永遠に、たまに」「ロックンロールⅡ」「ヘルメットヘアー」「音楽」(作曲順)
が、出来ました。

3/31までに引っ越すので、レテパの才能にあやかりたい&この春どーせ高円寺あたりに引っ越そう、と思っているレテパファンのあなたは、405号室ですので、空いたら住めばよい。
いい歌が出来る事でしょう。
でも家賃が88000円と一人で住むには高いので、引っ越したら恋人を早急に見つけ半分払ってもらいましょう。

というわけで、7年住んだ高円寺4丁目とお別れして、5分ほど南に進んだ高円寺2丁目に引っ越します。
ユキコのばあちゃんが住んでた空き家を、大整理して、大掃除して、大移動して、なので大変なんです。

話がそれたが、5thアルバム。
「DARK CRASH」「レジェンド オブ ファズ」「帰ってきた僕のレテパシーズ」とタイトル決めが迷走してたが、ドラムの関口萌から「やっぱ、音楽、が良いんじゃない?」と言われ、全員我に返り「音楽」に決定いたしました。

2/21のライブでは5thの歌も歌うので、歌詞を先に読めるようにしよう、と昨日全部載せました。(中学生の頃からCD買うと、聞く前にまず歌詞を読む癖があったので、先に歌詞を載せたくなります。)
以前はレテパアルバム収録曲とか関係無く、出来た歌全部載せてたので、読んだ事ある人もいると思いますが、歌詞読むの好きな人は読んでみて下さいね。

今回も古くは「たこ公園」「地下室の外は」が2001年。
「音楽」が2019年。と18才~36才までの歌がごちゃまぜです。
が、17才で歌い出した時から20年間、思い出が増えただけで感覚は変わらないので、違和感無く聞いてもらえるんじゃないかな?と思います。

2/21(金)のライブまであと2週間ですね。
このメンバーではライブはしてなかったので、ずっと5thアルバムのアレンジの為のスタジオだった。
編曲アレンジ作業はアーティスティックな閃き溢れるハイセンスなものでしたが、最近はライブに向けてリハというより、壮絶でど根性な猛特訓を繰り広げ、過酷ですが、もしかしたらこれはすげえバンドなのでは?と薄々勘付いてきたような気もして勝手にドキドキしています。

2/21の会場では、5th「音楽」から1曲と、主宰ののっぺらボーカル小棚木もみじの歌を1曲、俺が弾き語りカバーしているCDを限定販売します。
で、引っ越しの整理をしていたら「【永遠に、たまに】発売記念、クマとビールTシャツ」の在庫が沢山出てきたので、この日このCDを買った人には在庫ある限りでTシャツも付けちゃいます。
ビールT家に沢山あるとなんか縁起悪いしね。(昨日で断酒1年になりました。御協力、御理解、御心配頂いた皆さん、ありがとうございました。)

もみじカバー、自分で歌ったの聞いて鳥肌が立ちました。必聴。

とりあえず、こんなとこかな。
では、ライブで会いましょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone