12月31日(火) 17

Seventeen
It was heavy snow on that day and I kept looking outside through the curtain of the window
Seventeen
I kept looking outside no matter if it was sunny or snowy so that nothing was special though
I didn’t see any color except one of the snow from the morning on that day
And the color of your painting was too painful for me
I felt like the world was telling me to die
Although nobody would kill me for me
Seventeen

Seventeen
I’m just looking outside with the same feeling as when I was in the crowded classroom
Seventeen
I’ve got used to do so
I’m just looking outside from the crowded train

I escaped from the classroom during class
Heading to the library to see your painting
I hesitated at first but I’ve got used to do so
Seventeen

Seventeen
It was heavy snow on that day and I kept looking outside through the curtain of the window
I kept looking at the snow when I went through the connecting corridor from the crowded classroom to the library also

I didn’t see any color except one of the snow from the morning on that day
And the color of your painting was too hard for me
I felt like the world was telling me to die but
Nobody will kill me for me
Seventeen
Nobody but me will kill me
Seventeen
Nobody but me can kill me
Seventeen

from the 1st album「Nobody But Me Can Kill Me」
(written and composed in 2014)

[ssba]

12月30日(月) Can’t Dance To Rock ’n’ Roll

Young ones are playing with rock ‘n’ roll
“If you see those people one by one, this world looks so nice, doesn’t it?”
I felt like they told me so, and I can’t dance to rock ‘n’ roll

Those who I used to hate so much
Came to look nice somehow these days
I have come to hate myself I used to love so much
I have changed

Middle aged are also playing with rock ‘n’ roll
Like twilight
Friendship and love and romance
The 8th note beat of many memories is too fast
Too beautiful
Can’t
I’ can’t dance to rock ‘n’ roll

Those who I used to feel so annoying
Came to look so nice somehow
I have come to feel annoyed about myself who have been together always
I have changed

I have come to hate
I have changed

I can’t
I’ can’t dance to rock ‘n’ roll

from the 1st album「Nobody But Me Can Kill Me」
(written and composed in 2010)

[ssba]

12月29日(日) Romantic

An empty can littered into the sea has seen various things
It got a hole and rusts and it finally succeeded in turning into a part of the sea
But a volunteer worker picked it up
It was put into the garbage bag with an empty cup of Cup Noodle
And it has been reverted to a rubbish

Oh yeah romantic

Juvenile murderer has seen various sky
Sun rose and it set and he finally succeeded in turning into a part of the sky
But policemen arrested him and classmates appeared
He was interned in a facility and has been reverted to a human

Woo yeah romantic

An abandoned car in the forest went through various weather
It collected four seasons and finally succeeded in turning into a part of the forest
But the land owner found it out and rang angrily
A manufacturer picked it up and it has been reverted to iron

Oh yeah romantic

An old masterpiece of painting has seen various people’s life
It finally succeeded in turning into a stain in the house of an old man who can’t find the value of it
He died and it was discovered
People made a fuss about Cézanne’s work
It was put at auction and has been reverted to a masterpiece

Woo yeah romantic

from the 1st album「Nobody But Me Can Kill Me」
(written and composed in 2004)

[ssba]

12月28日(土) At a Speed of a Press Cub

At a speed of a press cub
I start on a journey
At a speed of a press cub
To the brand new morning

I’ll be a wind at 40 km per hour
On a song at 40 km per hour

At a speed of a press cub
About you guys
At a speed of a press cub
I can forget

At a speed of a press cub
I started on a journey
At a speed of a press cub
Running side by side with a night wind

I can just cut through a wind at 80 km per hour
I can be a wind at 40 km per hour

At a speed of a press cub
About you guys
At a speed of a press cub
I can forget

I forget

from the 1st album「Nobody But Me Can Kill Me」
(written and composed in 2008)

[ssba]

12月27日(金) SF Mambo

Mentally-handicapped people are angels
Elderlies with dementia are gods
The more you treat them kindly
The closer you can get to the heaven
It’s how the authority of the heaven judges your kindness
Mentally-handicapped people are angels
Elderlies with dementia are gods

Feeling like going to the end of the world
There is no help for it
I love you and I can’t help loving you so much
Feeling like committing suicide is just too sad
Mentally-handicapped people are angels
Elderlies with dementia are gods

Mentally-handicapped people are angels
Elderlies with dementia are gods
The more you treat them badly
The closer you can get to the hell
It’s how the authority of the hell judges your cruelty
Mentally-handicapped people are angels
Elderlies with dementia are gods

Feeling like going to the end of the world
There is no help for it
I love you and I can’t help loving you so much
Don’t say that you want to live long
It’s a stupid idea
Mentally-handicapped people are angels
Elderlies with dementia are gods

from the 1st album「Nobody But Me Can Kill Me」
(written and composed in 2002)

[ssba]

12月26日(木) 良いお年を

先週から僕のレテパシーズ5thアルバムの録音が始まっております。
とても順調だし、今までの「レコーディングまでに100%アレンジを固めておいて、それを演奏する。」というような録音では無く「レコーディングまでに70%くらいアレンジを固めておいて、残りはレコーディングしながら閃きで。」という感じなので、これからもっともっと素敵になっていく事でしょう。

考えてみたらレテパは今までに13人メンバーが変わっている。(ユキコとタカユキカトーは一度辞めたが復活した。ずっといるのは俺だけ。何か俺の性格に問題があるのだろうか?)廃盤にしたCDや発売されなかったCD(実は「僕を殺せるのは~」の後、幻のセカンドがあった。完成していたがベース寺中四の脱退、飯田裕の加入騒動があり、寺中さんとの録音だった幻のセカンドはお蔵入りとなった。)も含めるとレコーディングも大分ベテランだが、毎回見事に録音方法が違う。
録音に対して俺には変なこだわりは無く「完全な等身大。1ミリも大きくしたくも小さくしたくも無い。(実物よりもカッコ良くもカッコ悪くもしたく無い。色が変わる分には素敵ならOK。)」という鉄則以外は「その時のメンバーの特徴に合わせて、みんなが本領発揮できる録音方法が良い。」というスタンスなので、今回も今までと全然違う方法だ。
年明けには録り終わるだろう。

来年は、
5thアルバム完成
6thアルバム完成
僕のレテパシーズ全歌詞集(全曲英語訳付き)完成

ずっとやりたかったこの3つを終わらせて、あとは野となれ灰となれ、隠していたハードコア魂を爆発させてライブしまくりたい。
これが俺の来年の目標です。

PS.改めまして左後ろから
キーボード/ハダユキコ
(「そしてトンキーは死んだ」の超絶ピアノ演奏はこちら↓)
https://mobile.twitter.com/retepunk/status/1210190259343917063
ドラム/関口萌
(はじめって読むよ。はじめちゃん。)
ベース&レコーディング/タカユキカトー
(2014年在籍時はギター担当だった。あの「君しかいない」の素敵なギター全般など、実はタカユキ氏が考えたのを、そのままはなえもんが弾いているものもある。)
ギター/高野京介
(最近知ったがこの4人は来年年男&年女の同じ年。しかも誕生日も近いらしく1月2月3月4月と続いている。)

そして、左下のお兄さんは新キャラ登場でドラムテックの北村優一さんです。
事前に収録曲のデモを聞き込んで、その曲毎にドラムを替えてくれたのです。
はじめちゃんも大満足。
俺は聞いた事無いが「レッドツェッぺリン1」みたいに素敵な音なんだぜ。お楽しみに。

7AEC833E-90B2-4F2F-9C7E-60978F7733AC

PS.シンバルには「ダーククラッシュ」の文字が。
カッコ良いからこれジャケにしてアルバムタイトルにするか。
1A361733-9A3E-40F4-924E-EC6CCF1BC722

僕のレテパシーズ/「DARK CRASH」
1.長野県のお月様
2.音楽
3.ミツバチ
4.たこ公園
5.地下室の外は
6.雪包丁
7.佐藤君と伊藤君
8.そしてトンキーは死んだ
9.東京の空で
10.水平線

PS.ユキコの楽譜には鋭いメモが。
C18495D5-1C62-406F-B4BB-E91B929BC9FF

PS.KISSシャツも着た事だし、歌詞も素敵な英訳にしてもらって、海外進出するぞ。
86CE6D8F-3833-4378-A0AD-E53DAB52F226

PS.というわけで、今年も終わります。
2010年結成の僕のレテパシーズ。
10年間お疲れさまでした。よく解散しなかったね。えらい!
20年代は僕のレテパシーズの時代が到来して、クレイジーな10年間になる事でしょう。
覚悟しとけよ。
では、良いお年を。
5B118EC3-82DE-42AF-B1E4-ECB307932695

[ssba]

12月26日(木) 良いお年を

先週から僕のレテパシーズ5thアルバムの録音が始まっております。
とても順調だし、今までの「レコーディングまでに100%アレンジを固めておいて、それを演奏する。」というような録音では無く「レコーディングまでに70%くらいアレンジを固めておいて、残りはレコーディングしながら閃きで。」という感じなので、これからもっともっと素敵になっていく事でしょう。

考えてみたらレテパは今までに13人メンバーが変わっている。(ユキコとタカユキカトーは一度辞めたが復活した。ずっといるのは俺だけ。何か俺の性格に問題があるのだろうか?)廃盤にしたCDや発売されなかったCD(実は「僕を殺せるのは~」の後、幻のセカンドがあった。完成していたがベース寺中四の脱退、飯田裕の加入騒動があり、寺中さんとの録音だった幻のセカンドはお蔵入りとなった。)も含めるとレコーディングも大分ベテランだが、毎回見事に録音方法が違う。
録音に対して俺には変なこだわりは無く「完全な等身大。1ミリも大きくしたくも小さくしたくも無い。(実物よりもカッコ良くもカッコ悪くもしたく無い。色が変わる分には素敵ならOK。)」という鉄則以外は「その時のメンバーの特徴に合わせて、みんなが本領発揮できる録音方法が良い。」というスタンスなので、今回も今までと全然違う方法だ。
年明けには録り終わるだろう。

来年は、
5thアルバム完成
6thアルバム完成
僕のレテパシーズ全歌詞集(全曲英語訳付き)完成

ずっとやりたかったこの3つを終わらせて、あとは野となれ灰となれ、ずっと隠していたハードコア魂を爆発させて、燃え尽きるまでライブしまくりたい。
これが俺の来年の目標です。

PS.改めまして左後ろから
キーボード/ハダユキコ
(「そしてトンキーは死んだ」の超絶ピアノ演奏はこちら→)
ドラム/関口萌
(はじめって読むよ。はじめちゃん。)
ベース&レコーディング/タカユキカトー
(2014年在籍時はギター担当だった。あの「君しかいない」の素敵なギター全般など、実はタカユキ氏が考えたのを、そのままはなえもんが弾いているものもある。)
ギター/高野京介
(最近知ったがこの4人は来年年男&年女の同じ年。しかも誕生日も近いらしく1月2月3月4月と続いている。)

そして、左下のお兄さんは新キャラ登場でドラムテックの北村優一さんです。
事前に収録曲のデモを聞き込んで、その曲毎にドラムを替えてくれたのです。
はじめちゃんも大満足。
俺は聞いた事無いが「レッドツェッぺリン1」みたいに素敵な音なんだぜ。お楽しみに。

7AEC833E-90B2-4F2F-9C7E-60978F7733AC

PS.シンバルには「ダーククラッシュ」の文字が。
カッコ良いからこれジャケにしてアルバムタイトルにするか。
1A361733-9A3E-40F4-924E-EC6CCF1BC722

僕のレテパシーズ/「DARK CRASH」
1.長野県のお月様
2.音楽
3.ミツバチ
4.たこ公園
5.地下室の外は
6.雪包丁
7.佐藤君と伊藤君
8.そしてトンキーは死んだ
9.東京の空で
10.水平線

PS.ユキコの楽譜には鋭いメモが。
C18495D5-1C62-406F-B4BB-E91B929BC9FF

PS.KISSシャツも着た事だし、歌詞も素敵な英訳にしてもらって、海外進出するぞ。
86CE6D8F-3833-4378-A0AD-E53DAB52F226

PS.というわけで、今年も終わります。
2010年結成の僕のレテパシーズ。
10年間お疲れさまでした。よく解散しなかったね。えらい!
20年代は僕のレテパシーズの時代が到来して、クレイジーな10年間になる事でしょう。
覚悟しとけよ。
では、良いお年を。

5B118EC3-82DE-42AF-B1E4-ECB307932695

[ssba]

12月26日(木) アルバム全曲解説「ロックンロール」編

僕のレテパシーズ5thアルバムの録音がいよいよ先週から始まりました。

レテパは今までに14人メンバーが在籍していた事になるのですが(9人抜けて、最初からずっといるのは俺だけ。俺の性格に何か問題でもあるのだろうか?)最初の頃はそんな事まで考るような余裕は無かったのですが、最近は「各メンバーが1番本領を発揮出来るような録音方法にしよう。かっこよけりゃあ何でも良い。」と考えるようになり、みんなの特徴に寄り添った録音方法になっています。
あらためて振り返ってみると1st~5thまで、見事に録音方法が違う。

ドラムテック(曲によって合いそうなドラムを用意してくれる。)の北村優一さんは大活躍で、1曲1曲素敵なドラムを用意してくれた。
俺は知らないが、レッドツェッぺリンの1のドラムみたいにかっこいいんですよ。お楽しみに。

高円寺の北口のアコムで金を借りて出た後
ビルの入り口の有線が歌う 古いロックンロールを

聞きながら厚着の師走の北口の人達を眺める
人も鳩も噴水も車もみんな同んなじに見えた

「美しいな」と呟いたのは誰かの霊だろ
だけども僕も同感で嬉しくなってきてる

有線の2曲目もやはりロックンロールで
知らない外人が僕を美しくさせた

借りた金も金はやはり金で金が有る気になる
久しぶりに本物のビールを飲みながら聞いてる

ああ、ロックンロールなんて 始めた気も無いし
続ける気も無いけど やめる気も無いね

「ざまあみろ」 英語だとなんつーの? 「Let`s go」

3曲目もやっぱり古いロックンロールで
僕が思う事は知ってる事ばかりだ

忘れてたわけではきっと無いんだろうけど
久しぶりの再会で涙が溢れるだけ

高円寺の北口のアコムで金を借りて出た後
ビルの入り口の有線が歌う 古いロックンロールが

もしもいつか「あなたにとってロックとはなんですか?」という
バカなインタビュアーに僕が答える適当な答え

「ざまあみろ」 

「Let`s go」

2ndアルバム「愛してるよ」収録
(2015年作詞作曲)

[ssba]

12月26日(木) You and Spitz

You like Spitz
You play Spitz every time when you do the dishes
You like Spitz

I thought I like it too
And I played Spitz when I was doing the dishes by myself
But it was not as nice as I thought

How come?
The cassette tape I made when I was a 2nd year student of junior high school
It sounds nice when I listen to while you are listening to it though

You like Spitz
You listen to Spitz every time when you vacuum though you can hardly catch it

I thought I like it too
And I played Spitz when I was vacuuming by myself
But it was not as nice as I thought (and I couldn’t catch it)

How come?
The cassette tape I’ve been listening to since I was a 2nd year student of junior high school
It sounds nice when I listen to while you are listening to it though

from the 1st album「Nobody But Me Can Kill Me」
(written and composed in 2009)

[ssba]

12月25日(水) Nobody But You

I live alone on an uninhabited planet
I kept listening to and turning off the voice on the radio from a distant planet

I had thought there’s nobody else
But just because I found you
There is not only me
There are two of us now

If people on the distant planet look into this planet
Two of us staying together may look like lovers

I think you are fun and nice
But it’s just because there is nobody but us on this planet

If people on the distant planet look into this planet
Two of us staying together may look like friends

We don’t whisper words of love
There are nobody making a toast or applauding
Because there is nobody else
Nobody but you

If people on the distant planet look into this planet
Two of us together alone may look like a family

May look like friends
May look like lovers

from the 1st album「Nobody But Me Can Kill Me」
(written and composed in 2007)

[ssba]

12月24日(火) A Kindhearted One

You feel love only when a dying cat gives you its last smile
I love you

We can’t go to the sea or the mountain
But I will sing a song
Come to listen to it

Like a moon comes up in the night
Like people start walking around in the morning

It’s natural
Your sorrow will continue
As long as you are yourself

You don’t get wet under an umbrella
But the city gets wet, doesn’t it?
You feel sad when the city gets wet though you are under an umbrella

Like someone who was sitting on the bench just a while ago has already gone
You can be a part of the scenery
Because you are a kindhearted one

I saw dying you gave me your last smile
I felt love
You love me too

You don’t get wet under an umbrella
But the city gets wet, doesn’t it?
You feel sad when the city gets wet though you are under an umbrella

Like someone who was sitting on the bench just a while ago has already gone
You can be a part of the scenery
Because you are a kindhearted one

You feel love only when a dying cat gives you its last smile
I love you

I saw dying you gave me your last smile
I felt love
You love me too

from the 1st album「Nobody But Me Can Kill Me」
(written and composed in 2012)

[ssba]

12月23日(月) Let’s Go to The Sea

Let’s go to the sea
Let’s listen to the radio on a tetrapod
I’m sure some good music will be played

Let’s go to the sea
It doesn’t matter if it rains
We don’t need to bring umbrellas with us because it will encumber us, do we?

Let’s go to the sea
Let’s be travelers at where people are living
Just a half day is enough

Let’s go to the sea
And let’s disband when the evening comes
You are more beautiful when you are alone, aren’t you?

I have something I want to tell you one more time
So why don’t we go to the sea right now?

Let’s go to the sea
Sorrow is not something you should say out
It’s something you should stare blankly till it gets mixed in with the sky

Let’s go to the sea
The moment when a motorbike is going away to a distant place will gives you the sound of the waves

If you keep standing there
You’ll go crazy actually someday, won’t you?
Why don’t we go to the sea?

I have something I want to tell you one last time
So why don’t we go to the sea right now?

Let’s go to the sea
Let’s go to the sea

from the 1st album「Nobody But Me Can Kill Me」
(written and composed in 2007)

[ssba]

12月22日(日) Love Is the Scenery

Just like a traffic light in the rain
Just like a boy in the rain
Just like a smiling boy and us
Just like the sea in our memory

Love is not something you think
Love is not something you feel
Love is just the scenery
So, I am just staring it

Just like the memories in those days
Just like they were fantasy
Just like the silent night makes you feel so
Even if you visit the city then

Love is not something you touch
Love is not something going pass
Love is just the scenery
So, just stare it as it is

Love is not something disappearing
Love is not something forever
Love is just the scenery
I and you are staring it

from the 1st album「Nobody But Me Can Kill Me」
(written and composed in 2009)

[ssba]

12月12日(木) 昨日の地獄

というわけで、前回の「深海」の最後に書きましたが、昨日は地獄に行って来ました。
その様子をどーぞ。

前書いた通り、曲もほとんど知らないし、CDだってもちろん持っていない。
これで最後だという強迫に観念してGO。
C896F6D8-D159-4ED0-81B2-DE7417B14F74

朝起きると、また例の激しい思い込みが襲う。
「メイクしないで行ったら負け犬だぞ。」「口ばっかりの汚い大人になっちゃうぞ。」心の声に導かれるまま中野のドンキホーテへ。
店員さんに事情を説明すると、バカ殿じるしを勧められ購入。
6BF960E7-6123-421E-8441-48D278E92C6C

ビフォー。断酒10ヶ月。超クリーン。
AD10CA2F-C813-400E-8D6E-79CC2C9E789D

アフター。地獄へようこそ。
25C0FC44-5A67-4D3B-A818-2206538216C3

気分はもうロックスター。どけどけ凡人ども。
9C6904EA-D2F5-48C6-8D3B-831C0585CC20

ライブ終了。
一曲目デトロイトロックシティーイントロで涙が溢れてメイクが剥がれた。
令和になって泣いたのは2回目。
もう一回はキングオブコントのどぶろっく。
俺のロックはどぶとデトロイトか…。
AF03FF08-DF40-409C-9FC1-10BC46A57EDA

帰りの電車も乗客からヒソヒソと「キッスだ。」と囁かれロックスター気分を味わう。
が、駅に着いた瞬間、知人達に遭遇。
「え?マジで何やってんすか?」
「えーと…。あのー、キッスっす。」
夢から醒める。
EAFA32E8-0788-4593-B5F7-E059BAD12195

というわけで、録音がんばります。
超がんばれそうな気がします。
C0738A41-B583-4C5A-8F88-6A86E0D86392

[ssba]

12月10日(火) アルバム全曲紹介「深海」編

「深海」は3rdアルバム「永遠に、たまに」の1曲目です。
このアルバムは2017年夏に録音しました。

前年の秋にキーボードのユキコが抜け、その後、ギターはなえもんも抜けると言い出したが、アディー、いーちゃんの二人が止めて、残る事になってのアルバム録音。
俺はボロボロだったらしく、6月に病院に連れてかれて、医者や自助グループに言われるがままの治療をしていたが(ライブがキャンセルになるので入院は拒否したのだから、完全な言われるがままでは無いが。)ライブがうまくいかなくなり、4本最悪のライブをした。
ミスターワンテイクと呼ばれるほど、一発OKが好きなタイプですが、このアルバムは一度歌ったボーカルが気に入らず、全部録り直した。
録音初日に全曲歌い一度OKを出したのに、2日目に聞いてみたら全然ダメで全曲録り直した。
テイクが良くない事よりも、こんなテイクに一度OKを出していた自分にショックを受けた。
なんでOKと言ったのだろう、自分の感覚が狂ってしまったのか、と怖くなり絶望した。

録音は泊りがけで、2日目はコーラスとか後録りの部分の予定だったと思うが、俺はボーカルを録り直したいと言い、みんなはいつも通り一発目ので全然良いと思う、と言ったが、もう一度歌った。

1曲目「深海」を歌い出すと奇跡的に(自分ではコントロール出来なくなっていたのだから、悲しいが、奇跡、だ。)前のように歌えた。
まわりもすぐにわかってくれたみたいで、そのまま10曲止めずに一言も話さずにぶっ続けで歌わせてくれた。

前日使った録音用のマイクでは無く、買ったばかりのライブ用のマイク(NEUMANN105)を使った。
初めて使ったので、今までのマイクと同じように持って歌っていたら、持ち方が悪くミュートバースト?みたいな状態になっていたみたいで、少し特殊な音質になってしまった。
が、これ以上はもう無い、と判断しOKを出した。今でもOKだと思っている。

俺も、アディーもいーちゃんもはなえもんも、ボロボロだったんだろう。
このアルバムには悲壮感が漂っている。
10曲目「永遠に、たまに」はエンドロールのように優しい。悲しい映画。だから、美しいラスト。

アルバム録音後、はなえもんはミックス作業の途中で脱退した。
アディーはアルバムを完成させ、レコ発ワンマンを最後に脱退した。
いーちゃんと俺はそのまま残り、ボロボロのまま4th「ブルースマン」制作に向い、完成後いーちゃんは脱退した。
俺は今、元気一杯ノリノリで、来週には5thアルバムの録音が始まります。

というわけで、解説。

「深海」は2016年に出来た歌で、歌の通り北海道三笠市にある博物館に行った時の歌ですね。
三笠市は南空知にある炭鉱町。
炭鉱が終わった後は、化石が採れるので、それで町おこしをしています。
小学生の頃、隣町の月形町に住んでいた俺は、化石掘りに夢中になり、三笠の山や河原(幾春別川、周りには炭住の赤い屋根が並んでた。)で貝や葉っぱや、時にはアンモナイトの化石を見つけたりした。
見た事の無い化石を見つけると博物館に持って行き、博士達に「もしかして新種じゃないですか?歴史的大発見では?」なんて質問していた。
博士達は優しかったが、俺の親戚には博士達の敵の商売系アンモナイトハンターの大物がいた。俺は博士達と学術的な話をしながらも、心の片隅では一攫千金を夢見てしまう自分もいて、チビッ子なりに葛藤した。

三笠市は化石掘り以外にも縁があって、父方の祖父、古宮喜一は戦後、美深で農家をしていたが脊椎カリエスになり、転職を考えていたら、空知地方が炭鉱で盛り上がっていて、そこでなら商売を始めたらすぐに上手くいくという噂を聞き、近所の豆腐屋で1週間修行をして、そのまま三笠に「古宮豆腐店」を1956年に出店させて、3人の子供を育て上げた。(閉山後は栗沢町に移転。今は「角」という蕎麦屋になっている。)

2015年冬、札幌でのライブのついでに帰省し(今実家は岩見沢。これまた三笠の隣町。)その時に久し振りで博物館に寄りました。
頭がクラクラするほど暖かい博物館のロビーの窓から見てた景色です。

「深海」

ここは昔 深海だったから アンモナイトの化石がとれるんだ
三笠市立博物館の窓から 潜水艦みたいな ぶ厚い窓から見てる

無音の雪はあの頃の海だね
無音の雪はあの頃の様だね

深海 僕にはなぜだか懐かしい
なんでだろう さようなら 全部

3rdアルバム「永遠に、たまに」収録
(2016年作詞作曲)

PS.この歌は歌った後、もう一周歌無しで演奏が続く。
これを後奏と思わずに、むしろ歌が前奏で、歌無い所がメインだと思って演奏しよう、とメンバーと話してた。
どうかな?うまくいったかな?聞いてみてね。

PS.その時の写真。炭住(炭鉱住宅)の赤い屋根と私。
satu8

PS.古宮豆腐店。七が三つで喜。古宮喜一の喜。
58CB02B5-0D32-4205-9869-AACF4BA3AC38

PS.5thアルバム録音前の最後のスタジオが終わりました。
皆さん自信満々です。
(上記の、はなえもんミックス途中で脱退、のレテパを救ったのがギター高野京介だ。超短い時間でワンマンのセットを覚えてくれて「永遠に、たまに」レコ発は素晴らしいライブになった。)
3E1E3F1C-94C1-422E-905C-64E2A912FCF3
左から
ハダユキコ(キーボード)
高野京介(ギター)
関口萌(ドラム)
タカユキカトー(ベース&レコーディング担当)
がんばろー!

PS.薄々勘付いているでしょうが、俺は外国語の歌をほとんど聞かずに育ちました。(ポーグスくらいだ、聞きまくったのは。)
道民の方は懐かしいでしょうが、中学生の頃「まる音スーパーデラックス」という外人のバンドのPVばかり流すテレビがあり、毎週録画して見てた。
バンドを見ても歌詞にしか興味の無かった俺には、外人の歌はほとんど入ってこなかった。
が、当時珍しく気に入って、ビデオを何度も巻き戻して見てたPVがある。
暗い中でピエロ?が太鼓叩きながら歌ってたPV。

俺は思い込みが激しい方だと思う。
一度思い込むと、それをしないと全てが終わりのような気がしてきてしまう。
最近は少しはマシになってきたが、先日テレビでこのPVが一瞬流れ、何事かと思ったら、キッス最後の来日、との事。
「デトロイトロックシティー」という映画(キッスのコンサートに行く為にキッズ達が奮闘する。)も好きだったし、得意の思い込みで「最後のキッスも見ないなんて、嘘つきのイカサマ人間だ。」となぜか激しく思い込みだした。
「ハードラックウーマン」以外の歌はほとんど知らなかったし、そもそも家には11月分の家賃しか金が無い。
が、買ってしまった。地獄のスタンド。2万円。家族二人で4万円。すまん大家、年内にまとめて払います。
C896F6D8-D159-4ED0-81B2-DE7417B14F74

[ssba]