6月30日(火) 愛してるよ

想像どおり、夢見たまんま。
お客もメンバーも無い。
僕のレテパシーズが必要なだけの人達。
俺も含めて。
まさに「僕」のレテパシーズ。
俺の感覚は間違ってなかった。
これが本当なんだ。もう大丈夫。
安心安心。

見ちゃった。
愛してるよ。

飼い猫のホタテは「僕を殺せるのは僕だけさ」の在庫が2メートルくらい山積みの段ボールの上がお気に入り。
セットリストの横で、売れない事を願いシャーってしていますが、、

うまくいく気がする。
ほんとに全部壊しますから。

覚悟しろよ!

会えて良かったね!ありがとう。

古宮大志

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月29日(月) ワンマン終了


昨日、会場にいる人全員を抱きしめるみたいに
ほっそいマイクスタンドをその大きな腕でぎゅーっと抱きしめるひろしを見た。

終演後、楽屋ではなえもんにキスされた。

わたしはライブ中、この素敵な夜が終わってしまうのがさびしくてこわくて泣きそうになった。

思ってた通りの、清い夜だった。

お客さん達の顔がキラキラしてて、レテパはあんまり集客力ない(ってか余計なことをしたくない若しくはできない)バンドだから、なんかこんなことってほんとにないから、すごくふしぎだった。

だってあれだけの顔、顔、顔、どこ見ても信じられる顔があるって、そんな空間ないよ。奇跡みたい。
綺麗だった。
来てくださったあなた、ほんとうにありがとうございました。
古宮大志の歌を胸の内ポケットに入れておけば、あなたはとりあえず大丈夫。
この先何があっても。

この8ヶ月、いろんなことがあったけど、希望も絶望も人も夢も全部つながってるんだなーって思った。
恨みも後悔も、全部。
結局今しかない。
最近忘れてたけど、昨日それを思い出せた。
だからほんとにありがとう。

これからもレテパは進みます。
今やれることを精一杯やるだけだね。
明日なんてわからないから。
とりあえず今はセカンドアルバムの製作をがんばります!

あー5人で記念写真撮るの忘れたー
記念すべき第一回目のワンマンだったのに

昨日の疲れまだひきずってる。すごいねむい。
空見たら木星と金星がやたら近かった

ユキコトーキョー

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月29日(月) ワンマンライブ、、、一夜明けて

おはよう。きのうの余韻がグルグルまわっている!まだもとにもどれない。
衝撃だったよ。一曲目の夕焼けより、あんな気持ちで演奏できたのは初めてだった。

みんな、来てくれてほんとにありがとう。みんなから元気と、やさしさをもらったよ。
ワンマンライブ、最初自分には無理だと思った。技術もないし、体力もないし、自信がない。
爆走チームレテパシーズについていくのに、わたしは毎度必死やで。笑
いいライブだった。ロマンチックだった。レテパが、言葉にはできないけど、なんとなく目指してるものって、あの感覚なんじゃないかな。わたしはそう感じました。
ファッションではなく、才能でもなく、ただ純粋に。
汚ないことも、殺したいも、恥ずかしいも、死にたいも、好きも、面倒くさいも、おいしいも、気持ちいいも、言葉で説明できない変な気持ちも。
なんとなく…
きのうは本当にありがとう。またみんなに会えますように
はなえもんより!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月26日(金) 明後日は「僕を殺せるのは僕だけさ」レコ発ワンマン


さあ、明後日はいよいよレコ発ワンマン。
昨日は本番前最後のスタジオでした。

ライブのセットリストはずっと俺が考えてきましたが、10ヵ月もバンドをやってると、さすがにみんなにも考える余裕が出てきて、
曲順の案もそれぞれ色んな主張があり、最後の最後まで決定しませんでしたが、最終的には全員の考えをくんだ素敵なセットリストになったと思います。

今回のアルバム「僕を殺せるのは僕だけさ」というタイトルは「17」という歌の歌詞からとりました。
この歌自体は僕の中では最新曲なので、もちろん17才の頃に出来た歌ではありません。
明後日のセットリストは「僕を殺せるのは僕だけさ」の歌と、次回作のセカンドアルバム「もしも今キヨシローに愛し合ってるかと聞かれても僕にはただヘラヘラと笑うしか出来ないだろう」(仮)の歌が中心になっていますが、セカンド収録予定の「イチゴさんへ」「地下室の外は」は17、8才の頃に出来た歌だと記憶しています。

昨日のスタジオでみんなの「イチゴさんへ」「地下室の外は」の演奏を聞いていたら、昔を思い出しながら今を感じてるような、天気の変わり目チックな不安なキラキラした感じになりました。

なんかね、泣きたくなるようなセットリストです。
来てね。

古宮大志

PS.「イチゴさんへ」は俺が高校生の頃、初めてライブをやった、ストロベリーなんとかって店の店主にムカついた歌。絶望した歌。今もムカついているし絶望している。

PS.「地下室の外は」はその後、歌わせてくれる店の無かった俺を拾ってくれた札幌市東区161倉庫の店主KCさんの事を歌った歌。

PS.8曲目に演奏します「雨の日々」という歌は今の季節にピッタリだから、歌詞を載せて終わりにします。

では、明後日20時マーブルで!ね!

「雨の日々」

思い出をつくろう そしていつも思い出そう
僕らは今日が苦手で いつも昨日を話してる

今日を捨ててしまおう すぐに思い出せるように
昨日を語り、今日を捨て、そして明日をチラ見する

雨の日々が続いてるように 傘が増えてしまうように
増えすぎだね、なんて言っていた 傘が気付けば無いように

別に悲しくなく とても楽しくやってるよ
何だか少し遅いだけ 今が今も思い出のよう

だから今日を捨ててしまおう いつも思い出せるように
昨日に出会い、今日思い、そして明日をチラ見する

雨の日々が続いてるように 傘が増えてしまうように
増えすぎだね、なんて言っていた 傘が気付けば無いように

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月18日(木) ワンマンライブ来てね!


昨日はスタジオ練習でした。
ワンマンライブまで、あと練習が2回。
練習重ねるごとに不安よりも楽しみな気持ちにきりかわってきました。グッド。
わたしは練習中にもメンバーの演奏や歌に感動します。なんだかドラマチックで。
ギターも少し慣れてきたのか、みんなの演奏を聴けるようになったみたい。とってもいいことだよね!
6/28日、ぜひ来てね。

もん

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月14日(日) ワンマンまであと2週間!


6.3に発売したファーストアルバム『僕を殺せるのは僕だけさ』聴いてくださいましたでしょうか。
このメンバーが集まって一ヶ月とかそこらで録音し始めたから、初期衝動そのもののようなピュアでいびつな一枚になりました。
ツイッターなどで感想など拝見すると、作ってよかったなぁと思います。
聴いてくださったあなたの心に星がひとつ宿ればいいなぁと思っています。

古宮大志の日誌にもあるように、私達はすでにセカンドアルバムの制作に取りかかっていて、スタジオであーでもないこーでもないとアレンジを練ったりやっぱり喧嘩したり仲直りしたりしながら、相変わらずくそまじめにやっております。
やっぱりまじめが好きです。
パンクもまじめだから好き。

そして6/28のワンマンライブまであと2週間!
ものすごく純度の高い時間・空間になるんじゃないかなと思います。
本当に必要として聴きに来てくれる人に、私達はひたすら誠実に奏でるような、そんな夜になるんじゃないかなと思います。
ぜったいにふざけない。
嘘もつかない。
あなたとわたしとが秘密の約束を交わすような、そんな夜になればいいなぁと思います。
セカンドの曲もたくさんやっちゃいます。
ファーストを凌ぐくらいとても良い感じなので、絶対に観て欲しいです。
日曜の夜新宿にて、20時開演です。

写真は採る人のいなくなったあんずの実。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月13日(土) Three Questions「少年の叫び」6/15新宿JAM!


6/15はライブです!
スリークエッションズさんの少年の叫びとゆうイベントです。
スリークエッションズさん、レテパシーズをさそってくれてありがとう!
とっても楽しみです!

さて、この日から、今までやってきたセットリストが、ガラッと変わります。
新しいレテパシーズのはじまりです!
ぜひみにきてね。

もん

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月9日(火) 今日はライブ!


雨だね〜レテパ今日はライブです!下北沢ベースメントバーにぜひ見に来てね!
✌️

えもん

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月7日(日) ヤッホー


僕のレテパシーズファーストアルバム発売おめでとう!
わたし達のしらないところでこのCDを誰かが聴いてくれてると、想像するだけでも、すごく嬉しいです。
なんだかんだでわたしは人とつながれることが喜びなんだな。さみしがり屋だしね。
レコーディング、ミックス作業思い出すと、なかなか楽しかった気がする。
レコーディングの時はみんなすごい前向き。みんなでひとつのことにむかってがんばる空気がわたしは大好き。

メンバー本当にいつもありがとう。
CDを聴いてくれた人、本当にありがとう。
ギターを教えてくれたタカユキ氏ありがとう。
だいちゃん、ありがとう。
君しかいないを完成させてくれた、正造さんありがとう。
馬場ちゃん、SZKさん、ありがとう。
特設ページ協力してくれた、アディさんの妹さんありがとう。
みんなの力でできあがったアルバムだよ。
レテパシーズこれからもよろしくね!
はなえもんより

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月7日(日) 幸せ者のあなたたちに

去年10月にギターのはなえもん、鍵盤のユキコトーキョーが加入して8ヶ月。
新生・僕のレテパシーズの1stフルアルバム「僕を殺せるのは僕だけさ」を発売出来た。
ひとことで言うと、嬉しいねぇ。
僕は子供はいないけど、子供ができたら、こんな気持ちになるんじゃないかな。

とても素晴らしい、一生もののアルバムになったと思うので
買ってくれた人は末長く愛聴してやって下さい。
まだ買ってない人は…言わせるな、恥ずかしい。

ところで、レテパのメンバーはみな正直で純粋で不器用な人たちである。
ひとことで言うとバカである。
そんなエピソードはここには書けないし、書ききれないからやめておくけど。
この人たちから音楽をとったら、きっとまっとうな人生は歩めないだろうな。
ただ、そういう人じゃなければかけない、歌えない歌があり、出来ない演奏がある。
ということを、日増しに実感し、最近は確信に変わってきた。
僕たちは、この音楽をもっとたくさんの人に、遠くの人に届けなければならない。

「僕を殺せるのは僕だけさ」が、あなたにとってかけがえのない、人生の一枚になりますように。

大志君がブログにかいてるけど、これからたくさんアルバムを作るので
そんな人生の一枚が、あと何枚も残されています。
ということは、人生が何倍にもなったも同然ですね。この、幸せ者め!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月5日(金) こんにちは こんばんは

私が古宮大志と出会ったのは2010年のクリスマスイブ、下北沢の五差路のセブンの前でたまたま通りかかったひろしに、酔っぱらった私が声をかけたのがきっかけでした。
それまではお互い存在すら知らず。
そして気がついたらこうなってました。
人生何が起こるかわかりませんね。

レテパのメンバーはみんな嘘が苦手だから、スタジオでは毎回誰かが怒ったり泣いたりします(主に私であることが多いです。ごめんなさい)。
ライブの時もみんな極限状態になるから、ある時は台風の夜ひろしが歌舞伎町の雑居ビルの屋上から飛び降りそうになったり、ある時ははなえもんが泣いてスタジオから出て行ってしまったり、またある時は泣いてスタジオに戻ってきた私をアディーさんと寺中さんとはなえもんが慰めてくれたり、血とか汗とか涙とかいろんな体液撒き散らしながら進んでる感じ。
とても結成して8ヶ月とは思えないくらい濃厚な日々。

そして完成したCD。
聴いてくださった方、ありがとうございます。
ツイッターなどで書いてくださっている感想、ちゃんと見ています。

私は自分たちのやってる音楽がどういうジャンルか答えられない。
スタイルとかファッションでやってないから。
とにかくひろしの歌が遠くまで響けばいいと思う。
響かなきゃいけないものだと思うから。
その五角形の一端を任された以上、責任は重大だ。

恨みと後悔と懺悔を引き連れて、やるしかない。
よく大志が言ってる通り、やらないと死ぬ。
死ぬ気でやってんじゃなくて、ほんとに死んじゃう。
そういうかんじだから、これからもたくさん泣いたりするだろう。
うまく生きてる人が見たら笑うかもしれない。
でもこれはこれで、けっこう楽しいんだよ。
もうほんとに自分がバカな気がしてる。
でもドキドキするしおもしろいからもう少し続けてみる。
止まったらたぶん死ぬ。
まぁそれはみんなそうか。

というわけで、地球も日本もレテパも私も、いつ爆発して灰になってしまうかわからないから、そのときのために先に言っておきます。

ありがとうさようなら!
いつまでもお元気で。

ユキコトーキョー
バラの終わりに

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月4日(木) 安心して爆発していいし、命を反応させてくれていいよ

どうも、お久しぶりで。

レテパシーズドラムの鈴木亜沙美あだ名アディーです。

古宮くんが書いていたように、夢のはじまり…『僕を殺せるのは僕だけさ』、皆さん聴いてくれましたでしょうか?

前から楽しみにしてくれていた人も、今回たまたま出逢ってくれた人も、この作品を受け取ってくれたあなた。

本当にどうも有り難う。

人生、何が起こるかわからないもんですね。

わたしは2013年の4月に僕のレテパシーズに入って今に至りますが

2014年10月から現メンバーでの活動を始め、まずこの作品を放つことができて、誕生と死とを同時に味わうような思いです。

類稀なことでありつつ、とても自然な出来事。

こういうふうに生きているから、こういうことになった。

という感じ。

そしてそう思っているわたしのドラムと、古宮くんの歌と、はなえもんのギターと、寺中さんのベースと、ユキちゃんのピアノと、あなた、という現象。

それ以上でも以下でも無い。

そのことを、尊く思っています。

まあここでちょろっと歴史秘話的な話をすると、わたしが古宮くんの歌に初めて出逢ったのはちょうど11年前の今ごろで

その時古宮くんはアフロだったが、わたしの頭も見事に爆発したもんです。

アタマで音楽の一つとして受け取ったら、全然処理できなかった。

でも命はビリビリ反応して、古宮くんは古宮くんでどうやらわたしのドラムを気に入ってくれたようであり(つい最近になってわかったこと…「こいつがどんなドラムを叩いているか、とかは全然わかってなくて、ただ叩いてる時の目が好きだった」とのこと。まあ、正解!)、

それからなんだかんだわたしはわたしの人生をやってきたら…僕のレテパシーズのメンバーになってました。

類稀なことだけれど、とても自然です。

だから、安心して爆発していいし、命を反応させてくれていいよ。

レテパシー、感じてね!

アディー

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月2日(火) 夢のはじまり


僕のレテパシーズ1stアルバム「僕を殺せるのは僕だけさ」いよいよ発売です。

CDの帯にも書いたんだけど、

1曲目「17」で降り積もった雪を10曲目「愛は風景」の雨が溶かしてくれる事でしょう。
溶けてぬれるのが君の顔ならいいな。

うん。まさにこんな気分です。

俺には夢があって、このアルバムみたいなキレイなCDをたくさん作りたいんです。
もう曲順も決めてあるんだ。

僕を殺せるのは僕だけさ/僕のレテパシーズ

01.17
02.ロックンロールじゃ踊れない
03.ロマンチック
04.プレスカブのスピードで
05.精神障害者は天使 ちほう老人は神様
06.君とスピッツ
07.君しかいない
08.やさしい人
09.海へ行こうよ
10.愛は風景

もしも今キヨシローに愛し合ってるかと聞かれても僕にはただヘラヘラと笑うしか出来ないだろう/僕のレテパシーズ

01.ミツバチ
02.雨の日々
03.夕焼けより
04.そしてトンキーは死んだ
05.北
06.イチゴさんへ
07.地下室の外は
08.札幌ナンバーの最後
09.夏のしっぽ
10.僕のレテパシーズのテーマ

でも前方の光/僕のレテパシーズ

01.空知
02.見知らぬ青年との会話
03.ハローグッバイファックユー
04.夜に名前を
05.7月12日、13日
06.丘の上の上の学校からどっかへ行っちゃった君へ
07.東区が恋しくて
08.猫との午前
09.サマー
10.旅に出るなら

さようなら 若い僕とMOON PALACE/僕のレテパシーズ

01.宇宙は猫の中に
02.MOON PALACE
03.夜明け前
04.たこ公園
05.除雪車
06.雪包丁
07.ブルースマン
08.再会
09.思わずブランキー
10.バスが来るまで

アジサイのはじめとバラのおわりに/僕のレテパシーズ

01.ホープちゃん
02.同じ夜
03.ていくいっといーじー
04.廃墟
05.佐藤君と伊藤君
06.君の思い出
07.いつも心だけはあの日陰で涼ませたまま
08.ユーレイ
09.夕立が降ってる
10.アズミ

君がどうなったってどうだっていいさ 僕がどうなったってどうでもいいから/僕のレテパシーズ

01.東京の空で
02.アルトサックス
03.調布飛行場
04.平日
05.長野県のお月様
06.バスセンターで
07.まるで映画の終わりみたいな
08.コンタクト
09.君、蛍光灯 僕、白熱灯
10.月形

夢を実現できるようにがんばります。

よかったらずーっと目撃者になってね!

愛してるよ。

古宮大志

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

6月1日(月) 昨日はありがとう!


ninohira にでれてとっても嬉しかったです。ありがとう!
ホームページでの、バンドの紹介の文とか、丁寧で、やさしくて、バンドのいいところたくさんわかっていてくれる、とっても、よくみていてくれてるんだな〜っ。
嬉しい!
とっても、心のこもったイベントでした。
みてくれたみんなもどうもありがとう!

はなえもん

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone