悲しみはいつも水平線に プカプカと浮かんだ夕日みたいなものだから
沈むまで 溶けるまで砂浜に横になってさ