3月29日(日) 引っ越しと2/21ライブ映像

先週にはもう引っ越してるはずでしたが、案の定間に合わず、明日引っ越す事になりました。
なりました、というよりは、今のアパートは3/31には出なきゃならないので、引っ越さなければなりません。

昨日の深夜、ようやく新居の片付けが終わり、毎日通った約1ヶ月にわたる戦いが終わりました。
そしてようやく今のアパートの引っ越し準備。
普段はほとんど音楽を聞きませんが、20年選手のスピーカーが、片方鳴らなくなったから、粗大ゴミに出す事にしたので、これが最後だな、という事で久しぶりに活躍させてあげました。
家電は大体そうだが、捨てる、と伝えると直るので、スピーカーも、ちゃっかり直ってやがりますが、せっかくだから、暖かい部屋、外は雪、崩れゆく部屋、と、センチメンタルにCDを聞きながら片付けしています。

昔、海へ行った時(確か星置)ラジオから流れた時も同じセリフを吐いた気がするが、今日の高田渡が今までで一番良かった。(口癖らしい。下の動画のラスト参照。)
部屋から桜が見えますが、雪と桜と高田渡では、さすがに少し飲酒欲求。(100パーセント中3パーセント位ですが。)
両親が、高田渡好きで、地元月形の北喜常というライブレストランに渡さんが来る時には、いつも聞きに行っていました。
一度は酔っ払って運転出来なくなった父を、ライブ後、札幌に向かう渡さん一向が、方向が同じだから、と乗せてくれた事もありました。
高田渡の歌は子供の頃から、あまりにも身近にありすぎて、もちろん好きだが、素朴にじんわりとした感じで好きな気がしていたが、違うね。
久しぶりに聞いて分かった。少し好戦的な気分になった。
俺の心に触れられる歌声は、こういう声だけ。

月形の頃は小学生でしたが、20才くらいの時かな?地元岩見沢に帰省した時、駅前を渡さんが歩いていたので、びっくりして「こんにちは。」と言ってしまったら、俺の事を知り合いと勘違いして、思い出そうとしてる顔をしてたので「あ、ただのファンですよ。」と言ったら、ハニカミながらおじぎしてくれた思い出がある。

面倒くさがりだから、引っ越しなんて嫌いなはずなのに、なんだかんだで、一人暮らし始めた時から6回目の引っ越しです。
高円寺大竹マンション。
まさに、レテパの時代でした。
「僕を殺せるのは僕だけさ」「愛してるよ」「永遠に、たまに」「ブルースマン」そして今制作中の「レテパシー」「アコースティック」全部大竹時代。
色々あって、思い出すとめちゃくちゃになりそうだから、思い出しませんが、まあすげえ7年でした。
あ、雪も終わりました、雨になりましたね。
これなら溶けて、明日は引っ越し、がんばります。

遅くなりましたが、先日のライブ、福田洸弥さんが撮影してくれてましたので、YouTubeに掲載します。
ラスト3曲の様子をご覧下さい。(まぎらわしいですが、飲んでるのはノンアルです。とても心配してくれる人もいるので、一応。)
元気いっぱい輝いてるでしょ?レッツゴー。

PS.本、整理してたら出てきた。若き日の高田渡。
6AD2245E-4CFA-4BEB-BF8A-12AD9D794F48

PS.新居のタンスから、おばあちゃんの女学生時代の宝物入れ、みたいなのが出てきた。
写真や小物に混じり、絵葉書が何枚か。その中の一枚。
無知だから知らなかった。コロナって元々はキレイな宇宙現象の事なのね。
昭和11年、北海道か。
俺の祖父母もチビの時に見上げてたかもね。
滝上の女の子と美深の男の子が。
E10C4C31-A328-4EB6-999A-C324055BA8F5

[ssba]