3月10日(日) ジャケ作り

アルバムジャケ作りの続きをしに、長谷川大君の家に行く。
今回のジャケは3パターン候補を考えました。

一つは俺が絵を描く。
もう一つは家にいるチェコの古い熊人形にチェコの古いピアニカを持たせた写真。
そして最後は俺の顔写真。

顔写真の場合、毎年3月に入ると花粉症で目が通常の三分の一の大きさになり使い物にならないので(まあ、他人から見れば大差ないかもしれないが、本人は気になるものだ。)一応2月のうちに撮っておいた。

で、3パターンとも作ってみる。
熊の感じが良さそうでしたが、この時点で良くても入稿して出来たCDの色合いは結構変わってきたりするので、なかなか怖い。
熊ジャケ、現段階の写真の感じだと絶妙なんだけど、この手のは一歩間違えるとすげえダサいんだよな。
というわけで、終わらなかったからまた今度作業だ。

ちなみに、1st「僕を殺せるのは僕だけさ」は新宿のマーブルで撮りました。
PAの前あたりの壁をバックにしている。
みんながOKな写真がなかなか撮れず(女子率高かったから写真にうるさかった。)実はこの写真ユキコだけ他の写真からの合成です。
(ちなみに今までのメンバーで写真にうるさかったランキング1位は断トツでいーちゃんです。)

2nd「愛してるよ」は、谷口正造さんの絵です。
買ってない人は知らないでしょうが、中の歌詞のページにも歌それぞれに絵が描いてあるんです。
正造さんは「君しかいない」「東区が恋しくて」のMVも作ってくれました。

3rd「永遠に、たまに」は静岡でのライブの帰り、どっかの砂丘で撮りました。
インスタントカメラで撮ったやつをスキャン?して使いました。
「永遠に、たまに」のMVで歩いてるのがその砂丘。

ジャケット3枚とも気に入っています。
内容も。

毎回ですが、CD完成が近づくにつれ、過去作品にプレッシャーを感じて失踪したくなります。

古宮大志(フルミヤヒロシ)

↓メガネかけりゃ売れんだろ、と安易に考えました。即ボツにされました。すみませんでした。
ボツ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone